洋書

Conditions in Occupational Therapy, 6th ed.

- Effect on Occupational Performance

  • 近刊

著者 : B.J.Atchison & D.K.Dirette
出版社 : WOLTERS KLUWER
ISBN : 978-1-9751-9204-4
ページ数 : 672pp.
出版年 : 2022年

在庫なし

定価12,859円(本体11,690円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明

作業療法の実践に関わる一般的な疾患の病態生理学を網羅した唯一のテキストブック、第6版。最新の知見と魅力的なアプローチを組み合わせることにより、教室から臨床現場に至るまで学生をサポートする。最新のDSM-5とOccupational Therapy Practice Framework第4版に合わせて改訂された本書には、感染症、一般的な体調不良、筋骨格痛、身体部位の切断、および鎌状赤血球貧血の治療管理に関連する近年の研究成果を反映した新章が追加されている。各章は一貫性のあるフォーマットを採用しており、冒頭の症例に続き、説明と定義、病因、発生率と有病率、徴候と症状、診断、経過と予後、医学的・外科的管理、作業行為への影響、そして2つの症例イラストの順番で解説が加えられている。本書には教員向けの充実した資料と新しいフルカラー画像が追加されており、今日の作業療法学や作業療法士助手の学生にとって不可欠なツールとなっている。


新版のここに注目!


●各項目に関する最新の実践例を紹介する、5つの新しい章;感染症、一般的な体調不良、筋骨格痛(背中、首、上肢、下肢)、身体部位の切断、鎌状赤血球貧血
●各種の概念や手順を詳しく説明するフルカラー画像
●障害の神経学的基盤、精神疾患における脳と行動の関係、障害から影響を受ける患者因子の見やすいリストなどに関連し、最新の知見を盛り込んだコンテンツと資料
●複数のテキストを参照しなくても包括的に理解できるよう、病態生理学と作業療法学の内容を統合
●各種の障害を論理的に分類し迅速かつ効率的な参照を可能にする、直感的な構成
●実際の臨床現場での応用を想定し、必要に応じて小児と成人の両方の事例を検討する、各章末のCase Studies(事例研究)セクション
●各章の内容についての理解を深め知識の定着を促進する、Introductory Cases(導入事例)セクション
●主な概念の理解を支援する、キーワード、研究問題、推奨学習資料、専用のボックス、表、表示といったテキスト内学習補助機能
●デジタル版に加え、動画、多肢選択式問題と解答、自己評価ツールなどの関連教材に無期限でアクセス可能