洋書

Hale's Medications & Mothers' Milk 2023 (20th ed.)

  • 新刊

著者 : T.W.Hale & K.Krutsch
出版社 : SPRINGER PUBLISHING COMPANY
ISBN : 978-0-8261-6063-8
ページ数 : 752pp.
出版年 : 2023年

在庫あり

定価14,421円(本体13,110円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明

授乳期の母親に関わるすべてのプロフェッショナルに必須のゴールドスタンダード,「Hale’s Medications & Mothers' Milk」最新版!

周産期薬理学の世界的に著名な専門医によって執筆された本書は、薬剤の母乳への移行に関して、エビデンスに基づいた最新情報を網羅するリファレンスブックである。授乳期に服薬する女性からの「どの薬剤は乳児に安全で、どの薬剤は危険なのか?」というもっとも一般的な問いに対し、本書は徹底的に取り組んでいる。 最新のエビデンスに基づいた研究結果にしたがい、世界的に著名なHale博士によるLactation Risk Categories(LRC)が記載され、一般的に使用される薬剤の相対的リスクが評価されている。また、現在服用中、または将来服用する可能性のある薬剤について、安全な代替薬がリストアップされているなど、世界中の多くの臨床医にとって不可欠な一冊となっている。

本書は、情報へのアクセスを容易にするため、重要なポイントや使いこなすためのヒント、一般的な略語、図表による解説、乳児の評価に関する簡潔な情報などを掲載している。 新版では72の新薬に関する情報が加えられ、356の医薬品および927の薬剤に関する情報が最新のデータをもとにアップデートされている。また、モノクローナル抗体と片頭痛に関する表や、医療用大麻に関する最新情報が追加されている。


新版のここに注目!


●1,300以上の医薬品、疾患、ワクチン、症候群に関するエビデンスに基づく最新情報を提供
●世界的に著名なDr. HaleによるLRCの最新情報を収載
●母乳育児や薬剤に関する重要なポイントや役立つヒントを収載し、素早く参照することが可能
●一般的な略語や薬剤を、参照しやすいアルファベット順に記載
●成人期における懸念事項、成人薬用量、小児期における懸念事項、乳幼児のモニタリング、代替療法について解説
●乳幼児期の評価に関する簡潔な情報を収載



※オンライン版商品紹介ページはこちら