書籍

みんなの皮膚外用薬

  • 新刊

編集 : 常深祐一郎
ISBN : 978-4-524-24917-6
発行年月 : 2019年10月
判型 : B5
ページ数 : 192

在庫あり

定価3,960円(本体3,600円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

皮膚の外用薬は他科の医師が処方することも多く、また看護師・薬剤師の実践・指導が治療成功に大きく関与する。本書は、こうしたあらゆる職種の読者(「みんな」)を対象として、現在の皮膚外用薬の大事なところだけをまとめた。掲載薬剤一覧や参照箇所の表示、重要事項の色字表記や全編にわたる箇条書きなど、利便性を追求しながらも、とにかくどんどん読み進められる仕立てとした。

皮膚外用薬一覧
I 皮膚外用薬のキホン
 A 剤形の種類と特徴をおさえる
 B 外用療法を使いこなす
  1 単純塗布
  2 重層療法
  3 密封療法
  4 ショートコンタクト療法
 C 薬剤の種類と特徴を知る
  1 ステロイド外用薬
  2 タクロリムス軟膏
  3 活性型ビタミンD3外用薬
  4 保湿薬
  5 外用抗菌薬
  6 外用抗ウイルス薬
  7 外用抗真菌薬
  8 皮膚潰瘍治療薬
  9 ざ瘡治療薬(アダパレン,過酸化ベンゾイル)
  10 外用麻酔薬
  11 免疫賦活外用薬(イミキモド)
  12 古典的外用薬
II 皮膚外用薬の上手な使い方
 1 アトピー性皮膚炎
 2 脂漏性皮膚炎
 3 皮脂欠乏症,皮脂欠乏性湿疹
 4 乳児湿疹
 5 接触皮膚炎,貨幣状湿疹
 6 虫刺症
 7 痒疹
 8 手湿疹
 9 口唇炎
 10 汗疹
 11 薬疹,中毒疹
 12 乾癬
 13 尋常性ざ瘡
 14 伝染性膿痂疹(とびひ)
 15 白癬(足白癬,爪白癬,体部白癬,頭部白癬)
 16 カンジダ症
 17 癜風,マラセチア毛包炎
 18 疥癬
 19 円形脱毛症,男性型脱毛症(AGA)
 20 尋常性白斑
 21 日光角化症,尖圭コンジローマ
 22 褥瘡,皮膚潰瘍
 23 熱傷
 24 凍瘡(しもやけ)
 25 酒さ,酒さ様皮膚炎
 26 日光皮膚炎(日焼け)
索引

序文
「みんな」に贈る『みんなの皮膚外用薬』

 多くの教科書は疾患を中心にして書かれており、その疾患の治療の項目で治療薬は登場するものの、薬剤名だけが記載されているか、処方例があるとしても代表的なものが簡単に述べられているだけのことが多い。実際の治療に際して、往々にしてどのように使いこなせばよいのかよくわからないという事態に陥る。
 今回、治療薬を主役にし、かつ外用薬に絞った書籍を企画した。外用薬は、皮膚の悩みを訴える患者さんに対し、診療科を問わずどのような医療現場でも頻繁に使用されている。そこでは、処方する医師と使用する患者さんだけではなく、調剤や説明を行う薬剤師、実際に患者さんに塗布する看護師など多くの人が関わる。本書はそういう外用薬に関係する人たち「みんな」を読者対象に執筆した。「みんな」の目線が一致していないと治療は成功しないためである。医師は目の前の患者さんの疾患に適した薬剤を選択して十分な量を処方し、薬剤師はその処方意図を汲み取って患者さんに薬剤の説明を行い、看護師は適切な範囲に適切な量で患者さんに薬剤を塗布しながら外用指導を行い、患者さんは正しい知識を身につけて日々治療を継続する、という流れである。本書は是非「みんな」に読んでいただきたい。
 本書は分担執筆である。各領域を得意とする先生方に執筆を依頼した。分担執筆による書籍は専門家に執筆してもらえるという利点がある一方で、ともすると執筆者により内容の難易度や記載分量、意識している読者層が異なって、全体として統一感に欠けるものになってしまうことがある。本書ではそれを避けるために編者が徹底的に先生方の原稿に赤字を入れさせていただいた。初校は真っ赤になり、再校も再校と思えないほど手を入れた。せっかくご執筆いただいた文章の至る所を修正したり、追加をお願いしたり、大幅に削除したり、場合によっては書き直しを依頼したこともある。専門家の先生方に対して無礼きわまりなく、大変失礼な話であるので、途中でお詫びのお手紙をお送りしたほどである。この場をお借りしてご執筆いただいた先生方には再度お詫び申し上げる次第である。しかし、この作業によって、書籍全体の統一感とわかりやすさは格段に向上したと信じている。編者の哲学というか、こういう書籍にしたい、という思いを通させていただいた。各領域の専門家の先生方と編者と「みんな」でつくり上げた、熱い思いの詰まった1冊である。
 本書は2つの章で構成される。I章で剤形の特徴および外用療法と薬剤ごとの使い方を述べ、II章で疾患ごとにその治療について詳しく解説した。つまり、縦糸と横糸の構成である。そして参照すべきページを詳細に明示することでI章とII章をリンクさせて使用しやすいようにした。本書は、薬剤の使い方を調べることも、疾患の治療法を調べることもできる。どちらも臨床現場でよく行われる調べ方で、両方に対応できるようにしている。もちろん、通読していただければ、縦糸と横糸が全部頭に入り、皮膚疾患の外用治療という1枚の布が完成する。そこまで活用いただければうれしい限りである。
 皮膚の診療に関わる「みんな」に贈る自信の1冊である。本書が「みんな」のお役に立てることを心から祈っている。

2019年(令和元年)9月6日 45歳の誕生日
常深祐一郎