書籍

すぐに使える痛みの漢方診療ハンドブック

現代に合わせた本格的な漢方薬の応用−病態と漢方薬の特性を捉える

: 世良田和幸/平田道彦/中西美保
ISBN : 978-4-524-25258-9
発行年月 : 2019年7月
判型 : A5
ページ数 : 192

在庫あり

定価3,850円(本体3,500円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

痛み治療の観点から、漢方薬の作用の方向性を正しく掴めるよう、漢方薬の特徴を明確に図表で表し、関連処方が比較・検討できる。現代医学の診療にも有用である“漢方の診断学”が理解でき、西洋医学との橋渡し的な思考が見えるようになる。痛みの漢方治療を始めたい医師・慢性疼痛に携わる医師必携の一冊。

第1部 痛みに対する漢方治療の実際
 1.全身にみられる痛み
  1.帯状疱疹関連痛
  2.末梢神経障害性疼痛
  3.脳血管障害後の痛み
  4.線維筋痛症
  5.関節リウマチ
 2.頭痛(風邪などによる頭痛,片頭痛,緊張性頭痛,群発頭痛,脳脊髄液減少症)
  1.環境要因による頭痛(外因頭痛)
  2.身体の異常による頭痛(内因頭痛)
 3.顔面痛
  1.三叉神経痛
  2.顎関節症
  3.非定型顔面痛
  4.舌痛症
 4.頚肩上肢痛
  1.頚椎症,頚椎椎間板ヘルニア
  2.外傷性頚部症候群
  3.肩関節周囲炎
 5.胸背部痛
  1.肋間神経痛
  2.脊椎圧迫骨折
  3.開胸術後症候群
 6.腰下肢痛
  1.急性の腰痛
  2.慢性の腰下肢痛
  3.脊柱管狭窄症
  4.椎間関節症
  5.腰椎手術後の慢性腰痛
  6.仙腸関節痛
  7.股関節痛
  8.膝関節痛・足関節痛
  9.足底部痛
 7.肛門部,会陰部の痛み
  1.肛門部痛
  2.会陰部痛
 8.月経関連痛,更年期障害
  1.月経前症候群(PMS)
  2.月経困難症
  3.更年期障害
 9.心因性疼痛
第2部 総論
 1.痛みの漢方治療の基本
 2.漢方医学特有の概念・評価尺度
 3.診断
付録 痛みに対する漢方薬.使い方のヒント.
付録 薬剤・エキス製剤一覧表
索引

WEB動画タイトル一覧
 動画:加味逍遙散の舌
 動画:舌の白膩苔
 動画:治打撲一方の圧痛点
 動画:葛根湯の圧痛点
 動画:腎虚の顔色・舌
 動画:四逆散の舌
 動画:抑肝散の舌

まえがき

 痛みは、その症状に多様性があるにせよ、誰にとっても辛く悲しい症状のひとつです。紀元前から存在すると思われる痛みの治療ですが、神経ブロック療法や各種の鎮痛薬などの西洋医学的治療のお陰で、痛みはそのほとんどが緩和できると考えられていました。しかし、急性痛に関しては多くの痛みは克服できましたが、慢性痛に関しては様々な治療を施しても緩和できない痛みが存在することもわかってきました。そんな緩和できない痛みに対しては、様々な方法が試され、そのなかで、中国伝統医学の流れをくむ漢方が痛みの治療法として注目されています。
 昭和42年(1967年)にはじめてに薬価収載された漢方薬は、鍼灸と異なり医師が処方しても収入となることやその効果のために急速に普及しました。日本は西洋医学を学んだ医師が漢方薬を処方できる数少ない国のひとつです。漢方薬には、西洋医学でいう鎮痛薬は存在しませんが、慢性痛に対し、漢方医学は痛みを身体全体の不調和と考え、西洋医学とは異なった視点(診察法)で、身体全体の調和を図ることにより痛みを治療することができます。そのためには、四診と呼ばれる診察法で八綱や気・血・水などの症状を診て、漢方薬を処方する必要がありますが、本書では、言葉はできるだけ平易に、そしてわかりやすく漢方薬を処方できるよう、症例も豊富に呈示するよう努めました。診断の手法については、もっと詳しく書かれている成書を参考にしてください。
 漢方は奥が深い、学べば学ぶほどその奥が深くなっていくように思うのは私だけでしょうか? 自然界に存在する物質そのもので治療を行うことは理にかなってはいますが、漢方薬が今のような合剤になるまでには気が遠くなるような年月を要したものもあると思われます。試行錯誤の連続のなかで出来上がったと思われるこれらの漢方薬が、約2000年も経ていまだに効果を持続し、中国に比べて湿気の多い日本でも十分効果のあることは、自然界にある植物や物質の底知れない力を感じます。
 本書は、痛みに対する漢方治療の日本の第一人者でもある平田道彦先生に長年のご経験で培われた処方例や注意点を、また基礎的な研究も含め、女性の目からみた漢方処方を中西美保先生に、そしてその隙間を私が埋めましたが、痛みの漢方治療を行っている先生方の力強い味方になれると思っています。本書が、これから痛みの漢方治療を始めようと考えている先生方や、かなり漢方治療を行ってきたがもう少し漢方を深めたいと思っている先生方の道しるべになると確信しています。

2019年7月
渕野辺総合病院
世良田和幸