書籍

今日の治療薬2019

解説と便覧

  • 新刊

編集 : 浦部晶夫/島田和幸/川合眞一
ISBN : 978-4-524-24808-7
発行年月 : 2019年1月
判型 : B6
ページ数 : 1472

在庫あり

定価4,968円(本体4,600円 + 税)

  • お気に入りに登録

正誤表

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

臨床で使われる医薬品を薬効群ごとに解説と便覧で構成したベストセラー。2019年版では、巻頭トピックスとして、話題の三つのテーマ(1.高額薬剤、2.バイオシミラー、3.慢性便秘症治療薬)を新設、便覧には新規項目として「RMP」を追加し、薬物動態欄も大幅に充実。主要薬剤の尿中未変化体排泄率などを追加。解説には「今後の薬物療法の展望」を新設し、近く承認が予想される新薬についての解説を追加。ますます使いやすい。ポータルサイトで年3回更新情報も配信。

今日の治療薬2019の改訂ポイント
■便覧
 ・新規項目として「RMP」を追加。医薬品リスク管理計画(RMP)が公表された薬剤については、「重要な潜在的リスク」のなかから重要なものを掲載
 ・薬物動態欄を大幅に充実。主要薬剤の尿中未変化体排泄率などを追加
 ・7章 抗悪性腫瘍薬では、日本癌治療学会(編)「制吐薬適正使用ガイドライン2015」掲載の「催吐性リスク分類」をマークとして掲載
■解説
 ・小項目「今後の薬物療法の展望」を新設し、近く承認が予想される新薬についての解説を追加
■Web読者アンケートの声を反映
 ・巻頭トピックスとして、話題の3つのテーマ(1.高額薬剤 2.バイオシミラー 3.慢性便秘症治療薬)を解説
 ・索引では、通常の後発品とオーソライズドジェネリック(AG)を区別して記載
 ・2018年版で好評の巻末インデックスシール裏付録「配合剤早見表」(降圧薬、糖尿病治療薬)に、気管支喘息治療薬、COPD治療薬と眼科用剤(緑内障治療薬)を加え、巻末付録として記載
 ・巻末インデックスシールの裏面に「小児の平均体重」「図で見る主な便秘症治療薬の薬理作用」を掲載

本書の使い方(1)〜(6)
■巻頭トピックス
 1.高額薬剤
 2.バイオシミラー
 3.慢性便秘症治療薬
病原微生物に対する薬剤
 ■略語表(抗菌薬,抗ウイルス薬,抗真菌薬)
 1.抗菌薬
 2.抗ウイルス薬と抗ウイルス療法薬
 3.抗真菌薬
 4.抗寄生虫薬
 5.予防接種用薬
 6.消毒薬
抗悪性腫瘍薬
 ■略語表
 ■代表的なレジメン名一覧表
 7.抗悪性腫瘍薬
炎症,免疫,アレルギーに作用する薬剤
 8.免疫抑制薬
 9.副腎皮質ステロイド
 10.鎮痛薬(非ステロイド抗炎症薬など)
 11.抗リウマチ薬
 12.抗アレルギー薬
代謝系に作用する薬剤
 13.糖尿病治療薬
 14.脂質異常症(高脂血症)治療薬
 15.痛風・高尿酸血症治療薬
内分泌系薬剤
 16.女性ホルモン製剤,子宮用剤
 17.男性ホルモン製剤
 18.他のホルモン製剤,代謝異常症治療薬
 19.甲状腺疾患治療薬
 20.骨・カルシウム代謝薬
ビタミン製剤,輸液・栄養製剤
 21.ビタミン製剤
 22.輸液・栄養製剤
血液製剤,血液に作用する薬剤
 23.血液製剤
 24.造血薬
 25.止血薬
 26.抗血栓薬
循環器系に作用する薬剤
 27.降圧薬
 28.狭心症治療薬
 29.抗不整脈薬
 30.心不全治療薬,昇圧薬
 31.血管拡張薬・肺高血圧症治療薬
 32.利尿薬
呼吸器系に作用する薬剤
 33.気管支喘息治療薬,COPD治療薬
 34.呼吸障害改善薬
 35.鎮咳薬,去痰薬
消化器系に作用する薬剤
 36.消化管運動機能改善薬
 37.消化性潰瘍治療薬
 38.腸疾患治療薬
 39.痔疾患治療薬
 40.下剤
 41.肝疾患治療薬
 42.胆道疾患治療薬
 43.膵疾患治療薬
神経系に作用する薬剤
 44.抗精神病薬,抗うつ薬,その他
 45.抗不安薬,睡眠薬
 46.抗てんかん薬
 47.片頭痛・慢性頭痛治療薬
 48.制吐薬,鎮暈薬
 49.パーキンソン病治療薬
 50.脳卒中治療薬
 51.抗認知症薬
 52.神経難病治療薬,その他
 53.筋弛緩薬
 54.麻薬および類似薬
 55.麻酔薬
腎・泌尿器系薬
 56.腎疾患用剤
 57.泌尿器・生殖器用剤
感覚器官用剤
 58.眼科用剤
 59.耳鼻咽喉科用剤
 60.皮膚科用剤
その他
 61.歯科・口腔用剤
 62.中毒治療薬
 63.造影剤
 64.漢方薬
■巻末付録
 1.妊婦・授乳婦へ投与する際の注意点
 2.高齢者へ投与する際の注意点
 3.小児へ投与する際の注意点
 4.肝・腎障害患者へ投与する際の注意点
 5.薬剤の投与期間
 6.重大な副作用(有害反応)の症状
 7.治療薬物モニタリング(TDM)における治療域・中毒域
 8.主な臨床検査基準値一覧
 9.主なドーピング禁止薬剤
 10.2018年1月〜12月に承認・薬価収載された主な新薬
 11.健康被害救済制度
 12.医薬品リスク管理計画(RMP)
 13.配合剤早見表
識別コード
索引(便覧薬剤索引,解説事項索引)
主な製薬企業連絡先一覧

2019年版(改訂第41版)序文

 「今日の治療薬」は1977年の初版発行以来、毎年改訂を加えて今日に至っている。幸いにして、わが国における最も信頼の置ける薬の本として広く用いられている。毎年の改訂に当たっては、読者の期待に応えるべく、改良を重ねているところである。
 今回の2019年版では以下の改訂を行った。
 (1)巻頭トピックスを新設し、薬物療法に関する最近の話題(高額薬剤、バイオシミラー、慢性便秘症治療薬)を解説した。
 (2)解説では小項目「今後の薬物療法の展望」を新設し、近く承認が予想されるインパクトの大きい新薬を解説した。
 (3)便覧の新規項目として「医薬品リスク管理計画(RMP)」を追加し、RMPの「重要な潜在的リスク」の中から、特に重要なものを掲載した。
 (4)便覧の薬物動態欄において、主要薬剤の薬物代謝酵素や腎機能に関連する尿中未変化体排泄率、バイオアベイラビリティなどを追加し充実させた。
 (5)7章「抗悪性腫瘍薬」では、便覧に日本癌治療学会編集『制吐薬適正使用ガイドライン(第2版)』掲載の催吐性リスク分類をマークとして付した。
 (6)付録の配合剤早見表(降圧薬・糖尿病治療薬)には、気管支喘息治療薬と眼科用剤を追加し、それぞれ作用機序別に掲載した。
 (7)索引では、オーソライズドジェネリックを示すマークを追加し、通常の後発品と区別して掲載した。
 (8)インデックスシールの裏面に、「図で見る主な便秘症治療薬の薬理作用」を掲載した。
 昨年は本庶佑博士がノーベル医学生理学賞を受賞された。免疫チェックポイント阻害薬が癌医療に更に役立つことを期待したい。
 薬剤の進歩は速く、常に新薬が登場している。本書が読者諸賢にとって、正確で、身近で、便利で、役に立つ存在であり続けることを願って、編集者・執筆者ならびに南江堂のスタッフ一同常に努力を怠らない所存で励んでおりますので、変らぬ御愛顧をお願い申し上げる次第です。

2019年1月
編集者一同