書籍

入門 ケースから学ぶ循環器集中治療ドリル

明日の診療に役立つキホンと実践

  • 新刊

監修 : 日本集中治療医学会
編集 : 佐藤直樹/伊藤智範/澤村匡史/田原良雄
ISBN : 978-4-524-22928-4
発行年月 : 2022年4月
判型 : A5
ページ数 : 212

在庫あり

定価4,400円(本体4,000円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

心臓血管系の集中治療・管理を最前線で行っている日本集中治療医学会(CCU)委員会メンバーが中心となり,「重症心不全管理」「補助循環装置」「体温管理療法」「他科との連携」に関する実症例からクイズを出題し,循環器集中治療のキホンと実践を考えながらたのしく学べるよう解説した入門書.コラムでは「新規の心不全治療薬」「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とECMO」等を取り上げ,いまの循環器集中治療を学びたい若手医師に役立つ一冊.

第T章 重症心不全管理
1.これだけは知っておきたい! 重症心不全管理の基本
2.case とクイズで学ぶ重症心不全管理の実践
 @血行動態評価
  症例1/Q1
  Q1 の答え・解説
  症例2/Q2
  Q2 の答え・解説
 A重症心不全におけるNPPV の限界と気管挿管のタイミング
  症例3/Q3
  Q3 の答え・解説
  症例4/Q4
  Q4 の答え・解説
 B急性心筋梗塞の機械的合併症の適切な診断・治療法
  症例5/Q5
  Q5 の答え・解説
  症例6/Q6
  Q6 の答え・解説
 C最近のトルバプタン使用例
  症例7/Q7
  Q7 の答え・解説
3.完全攻略! 重症心不全管理の総まとめ
 
第U章 補助循環装置
1.これだけは知っておきたい! 補助循環装置の基本
2.case とクイズで学ぶ補助循環の実践
A.ECMO
 @カニューレ挿入側に順行送血を行ったが下肢虚血を回避できなかった1 例
  症例8/Q8
  Q8 の答え・解説
 A急速な右心系優位の血行動態悪化を呈し,両心補助循環装置装着により救命できた劇症型心筋炎の1 例
  症例9/Q9
  Q9 の答え・解説
B.Impella®
 @Impella® 時代のVA‒ECMO[経皮的心肺補助装置(PCPS)],大動脈内バルーンポンプ(IABP)の立ち位置
  症例10/Q10‒@,A
  Q10‒@の答え・解説
  Q10‒Aの答え・解説
 AImpella® 導入における疑問〜適切なサイズの選択と有効性〜
  症例11/Q11
  Q11 の答え・解説
  症例12/Q12
  Q12 の答え・解説
3.完全攻略! 補助循環装置の総まとめ
 
第V章 体温管理療法
1.これだけは知っておきたい! 体温管理療法の基本
2.case とクイズで学ぶ体温管理療法の実践
 @済生会熊本病院における体温管理療法〜体表クーリングデバイスおよび血管内クーリングデバイスの管理
  症例13‒@〜B/Q13‒@,A
  Q13‒@の答え・解説
  Q13‒Aの答え・解説
 A敗血症における体温管理:ECMO 使用症例
  症例14/Q14
  Q14 の答え・解説
 B獨協医科大学病院における体温管理療法
  症例15/Q15
  Q15 の答え・解説
 C大阪市立総合医療センターにおける体温管理療法〜救急外来と集中治療室のシームレスな連携
  症例16/Q16
  Q16 の答え・解説
3.完全攻略! 体温管理療法の総まとめ
  
第W章  他の専門医との連携を要する循環器系集中治療管理
1.これだけは知っておきたい! CCU における循環器関連診療科との連携〜循環器内科医の立場から
2.これだけは知っておきたい! CCU における他の診療科との連携〜集中治療医の立場から
3.case とクイズで学ぶ他の診療科との連携の実践
 @消化管出血:オフポンプ冠動脈バイパス(off pump CABG)後に消化管出血により心停止した1 例
  症例17/Q17
  Q17 の答え・解説
 A急性期脳卒中(脳出血・脳梗塞):急性心筋梗塞後に脳血管障害を合併した1 例
  症例18/Q18
  Q18 の答え・解説
 B非閉塞性腸管虚血(NOMI)の診断と治療のタイミングに苦慮した1 例
  症例19/Q19
  Q19 の答え・解説
 
Column
1.循環器系集中治療室における心肺機能評価
2.新規の心不全治療薬
3.急性心筋梗塞の合併症対策
4.新型コロナウイルス感染症(COVID‒19)とECMO
5.心肺蘇生後症候群(PCAS)トレーニング
6.循環器救急および循環器集中治療の現状と今後の課題
 
付 録
@日本心臓病学会学術集会でのアンケート・回答集
A意識スケール(JCS,GCS,NIHSS,CPC)

 『入門 ケースから学ぶ循環器集中治療ドリル―明日の診療に役立つキホンと実践』(以下,本書)は,2018 年9 月に開催された第66 回日本心臓病学会学術集会(会長:増山理先生,現星ヶ丘医療センター院長)の会長特別企画『ケースに学ぶセッション;心臓血管系の集中治療』をベースに企画したものです.このセッションは,若手医師が症例を提示し,その症例について日本集中治療医学会CCU 委員会のメンバーと議論しながら,循環器集中治療の重要なポイントを共有するという趣旨で行われました.当日の学術集会会場の盛況さとその後の反響から,会場で聴講していた南江堂編集部より,是非ともこのセッションを本にしたいとご提案いただき,本書を刊行する運びとなりました.
 本書はこのセッションを踏襲しつつ,全体を大きく「重症心不全管理」「補助循環装置」「体温管理療法」「他科との連携」の4 章にテーマ分けしました.各章のテーマごとに,@キホン知識をまとめた「これだけは知っておきたい!〇〇」,Aセッションで発表された症例を提示し,その症例についてのオリジナルクイズと解説を加えた「症例提示,クイズ&解説」,B知識の総仕上げとして「完全攻略!〇〇の総まとめ」,という基本構成で解説しています.とくにAは,当時の演者本人を症例提示の執筆者に迎え,CCU委員会のメンバーが中心となりクイズと解説を作成した,オリジナリティに溢れた内容です.実際の症例と経過,治療内容について臨場感をもって学べるとともに,クイズ形式で楽しみながら循環器集中治療のキホンと実践を身につけていただける,今までにないものとなっているかと思います.
 会長特別企画として『ケースに学ぶセッション;心臓血管系の集中治療』をご提案いただけなければ本書は世に出なかったことになりますので,増山先生はまさに本書の生みの親です.この場を借りて心より深謝申し上げます.
 また,このようなチャンスをいただけたのは,歴代の日本集中治療医学会CCU 委員会の皆様のご尽力の賜物と敬意を表する次第です.ここに名簿を掲載し感謝を申し上げます.

2022 年3 月吉日
編集者を代表して
国立循環器病研究センター 田原良雄