書籍

なんで使うの? そのくすり

医師が考えるくすりの立ち位置

  • 新刊

編集 : 村川裕二/高山和郎
ISBN : 978-4-524-22776-1
発行年月 : 2022年1月
判型 : B5
ページ数 : 350

在庫あり

定価4,180円(本体3,800円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

薬剤師のギモン「医師は,なぜあの薬を処方するのか?」に答えるため,医師が108の薬の「基本の使い方」「気にする副作用」「愛されている理由」をスッキリ解説.各薬剤のオリジナルキャッチフレーズつきで,立体的な視点から薬のすがたが見えてくる! 医師の処方意図がわかれば,服薬指導や投与後のフォローアップにも役立つ.新人薬剤師はもちろん,新人教育担当薬剤師やブランク明け薬剤師にもお勧め.

■抗菌薬
 1.サワシリン(アモキシシリン水和物)
 2.オーグメンチン(アモキシシリン水和物・クラブラン酸カリウム配合)
 3.ケフレックス(セファレキシン)
 4.フロモックス(セフカペン ピボキシル塩酸塩水和物)
 5.塩酸バンコマイシン(バンコマイシン塩酸塩)
 6.ジスロマック(アジスロマイシン水和物)
 7.ミノマイシン(ミノサイクリン塩酸塩)
 8.ダラシン(クリンダマイシン塩酸塩)
 9.クラビット(レボフロキサシン水和物)
 10.バクタ(スルファメトキサゾール・トリメトプリム配合)
 11.フラジール(メトロニダゾール)
 12.イスコチン(イソニアジド)
 13.リファジン(リファンピシン)

■抗ウイルス薬
 14.バルトレックス(バラシクロビル塩酸塩)
 15.タミフル(オセルタミビルリン酸塩)
 16.トリーメク(ドルテグラビルナトリウム・アバカビル硫酸塩・ラミブジン配合)
 17.ビクタルビ(ビクテグラビルナトリウム・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミド配合)
 
■抗真菌薬
 18.イトリゾール(イトラコナゾール)
 19.ブイフェンド(ボリコナゾール)
 
■ステロイド
 20.プレドニン(プレドニゾロン)
 21.デカドロン(デキサメタゾン)
 
■解熱鎮痛薬
 22.カロナール(アセトアミノフェン)
 23.セレコックス(セレコキシブ)
 24.ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム水和物)
 
■抗リウマチ薬
 25.リウマトレックス(メトトレキサート)
 26.エンブレル(エタネルセプト)
 27.ネオーラル(シクロスポリン)
 28.プログラフ(タクロリムス水和物)
  
■抗アレルギー薬
 29.アレグラ(フェキソフェナジン塩酸塩)
 30.オノン(プランルカスト水和物)
 
■糖尿病治療薬
 31.メトグルコ(メトホルミン塩酸塩)
 32.アマリール(グリメピリド)
 33.ファスティック(ナテグリニド)
 34.ベイスン(ボグリボース)
 35.フォシーガ(ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物)
 36.ジャヌビア(シタグリプチンリン酸塩水和物)
 37.ビクトーザ(リラグルチド)
 38.ノボラピッド(インスリンアスパルト)
 39.ヒューマログミックス50(インスリンリスプロ混合製剤)
 40.ランタス(インスリングラルギン)
 
■脂質異常症治療薬
 41.リピトール(アトルバスタチンカルシウム水和物)
 42.ゼチーア(エゼチミブ)
 43.ベザトールSR(ベザフィブラート)
 44.エパデール(イコサペント酸エチル)
 
■痛風・高尿酸血症治療薬
 45.フェブリク(フェブキソスタット)
 
■甲状腺疾患治療薬
 46.チラーヂンS(レボチロキシンナトリウム水和物)
 
■骨粗鬆症治療薬
 47.ボナロン(アレンドロン酸ナトリウム水和物)
 48.グラケー(メナテトレノン)
 
■抗血栓薬
 49.リクシアナ(エドキサバントシル酸塩水和物)
 50.ワーファリン(ワルファリンカリウム)
 51.プラビックス(クロピドグレル硫酸塩)
 52.プレタール(シロスタゾール)
 53.バイアスピリン(アスピリン)
 
■降圧薬
 54.アルダクトンA(スピロノラクトン)
 55.メインテート(ビソプロロールフマル酸塩)
 56.アーチスト(カルベジロール)
 57.アムロジン(アムロジピンベシル酸塩)
 58.レニベース(エナラプリルマレイン酸塩)
 59.ブロプレス(カンデサルタンシレキセチル)
 
■狭心症治療薬
 60.フランドル(硝酸イソソルビド徐放剤)
 61.シグマート(ニコランジル)
 
■抗不整脈薬
 62.リスモダン(ジソピラミド)
 63.サンリズム(ピルシカイニド塩酸塩水和物)
 64.アンカロン(アミオダロン塩酸塩)
 65.ワソラン(ベラパミル塩酸塩)
 
■心不全治療薬,昇圧薬
 66.ジゴシン(ジゴキシン)
 67.エピペン(アドレナリン)
 
■利尿薬
 68.ラシックス(フロセミド)
 69.サムスカ(トルバプタン)
 
■気管支喘息治療薬,COPD治療薬
 70.ホクナリンテープ(ツロブテロール)
 71.テオドール(テオフィリン徐放剤)
 72.アドエア(サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エステル配合)
 
■鎮咳薬,去痰薬
 73.メジコン(デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物)
 
■上部消化管疾患治療薬
 74.プリンペラン(メトクロプラミド)
 75.ネキシウム(エソメプラゾールマグネシウム水和物)
 76.ガスター(ファモチジン)
 77.ブスコパン(ブチルスコポラミン臭化物)
 78.ムコスタ(レバミピド)
 
■下部消化管疾患治療薬
 79.ペンタサ(メサラジン)
 80.スインプロイク(ナルデメジントシル酸塩)
 81.ミヤBM(酪酸菌)
 
■肝胆膵疾患治療薬
 82.ハーボニー(レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル配合)
 83.バラクルード(エンテカビル水和物)
 84.ウルソ(ウルソデオキシコール酸)
 
■抗精神病薬,抗うつ薬
 85.リスパダール(リスペリドン)
 86.セロクエル(クエチアピンフマル酸塩)
 87.レクサプロ(エスシタロプラムシュウ酸塩)
 88.サインバルタ(デュロキセチン塩酸塩)
 
■抗不安薬,睡眠薬
 89.マイスリー(ゾルピデム酒石酸塩)
 90.ベルソムラ(スボレキサント)
 
■抗てんかん薬
 91.デパケン(バルプロ酸ナトリウム)
 92.イーケプラ(レベチラセタム)
 
■片頭痛・慢性疼痛治療薬
 93.イミグラン(スマトリプタンコハク酸塩)
 
■抗認知症薬
 94.アリセプト(ドネペジル塩酸塩)
 
■泌尿器・生殖器用剤
 95.ベシケア(コハク酸ソリフェナシン)
 96.ハルナール(タムスロシン塩酸塩)
 
■緩和医療薬
 97.オキシコンチン(オキシコドン塩酸塩水和物徐放剤)
 98.フェントス(フェンタニルクエン酸塩)
 99.トラムセット(トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン配合)
 
■抗悪性腫瘍薬
 100.ゼローダ(カペシタビン)
 101.ティーエスワン(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合)
 102.アリミデックス(アナストロゾール)
 103.イレッサ(ゲフィチニブ)
 104.レブラミド(レナリドミド水和物)
 
■緑内障治療薬
 105.チモプトール(チモロールマレイン酸塩)
 
■女性用剤
 106.ノルレボ(レボノルゲストレル)
 
■腎疾患用剤
 107.ホスレノール(炭酸ランタン水和物)
 108.カリメート(ポリスチレンスルホン酸カルシウム)

はじめに

「広く使われているくすり」について、くすりの特徴や普及したいきさつなど「立体的な視点からその姿を知る」ための本です。

対象は薬剤師、医師、看護師など「診療と薬物治療にたずさわる方」。

入社面接のあと「みんないいひとだった」と聞かされても、誰を採用してよいかわかりません。

「営業向きではないけど経理が得意」「調理場は無理だが接客向き」などと長所と短所が判然とすれば、どこに採用すればよいかわかりやすいです。

くすりの性格が生き生きと感じられるように、「魅力」だけでなく「気になることや物足りない点」も語りました。

すべてのくすりを網羅しているわけではありません。

それぞれのジャンルで「最初の一歩」を踏み出したくすりや、「一番知られている」くすりをとりあげています。

代表となる一人を知れば、周囲にいる仲間たちの様子もわかるからです。

調剤するひと、使うひと、それぞれの立場で「くすりのことが見えてきた」と感じていただければ嬉しいです。

2021 年12 月
村川裕二、高山和郎