書籍

てんかん、早わかり!

診療アルゴリズムと病態別アトラス

  • 新刊

編集 : 池田昭夫
ISBN : 978-4-524-25867-3
発行年月 : 2020年9月
判型 : B5
ページ数 : 236

在庫あり

定価5,500円(本体5,000円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

てんかん診療のエキスパートが、診療の基礎から実践までを体系立ててわかりやすく解説した実践書。非専門医が苦手意識を持ちがちな脳波判読や発作症状を「アトラス」としてまとめ、病態ごとに診療アルゴリズムも掲載、さらに新規抗てんかん薬による治療やてんかんの社会的側面も網羅。迷いなくてんかん診療に臨むための指針となる一冊。

口絵
A.脳波所見アトラス,画像所見アトラス
 脳波所見アトラス
  中心・側頭部に棘波を示す良性小児てんかん
  側頭葉てんかん:発作時脳波
  側頭葉てんかん:発作間欠期脳波
  前頭葉てんかん:発作時脳波
  前頭葉てんかん:発作間欠期脳波
  定型欠神発作:発作間欠期脳波
  非定型欠神発作
  光突発反応
  若年ミオクロニーてんかん
  Lennox-Gastaut症候群(速律動)
  Lennox-Gastaut症候群(脱力発作)
  非けいれん性てんかん重積状態
  14&6Hz陽性群発:14&6Hz陽性棘波
  6Hz棘徐波
  睡眠時良性てんかん型一過性波:小鋭棘波
  三相波
  群発・抑制交代
  周期性同期性放電:無酸素脳症
  周期性放電:全般性周期性てんかん性放電
  周期性放電:周期性一側性てんかん性放電
 画像所見アトラス
  海馬硬化を伴う内側側頭葉てんかん
  限局性皮質異形成
  自己免疫性てんかん
  神経線維腫症I型
  神経皮膚症候群(結節性硬化症)
  血管奇形(海綿状血管腫)
  視床下部過誤腫
  Rasmussen脳炎
  FDG-PET
  発作時脳血流SPECT
  MRI:arterial spin labeling(ASL)
B.てんかん診療アルゴリズム
 診断・検査の流れ
  発作の診断・てんかんの診断の手順
  一般的な診療の流れと検査の関係
 各種病態の診療アルゴリズム
  発作型と抗てんかん薬の選択
  部分てんかん
  外科的治療の対象となるてんかん症候群
  若年ミオクロニーてんかん
  症候性全般てんかん(成人)
  症候性全般てんかん(小児)
  急性症候性発作
  てんかん重積状態
  てんかんに伴う精神症状
序章 モノローグ
第I章 てんかんの基礎知識
 1.てんかんとは
 2.てんかんの種類
第II章 てんかんの診断と検査
 1.診断の手順とポイント
 2.診察のコツ
 3.発作症状をマスターする
 4.検査の種類と選択方法
 5.誤診をなくすために
第III章 てんかんの治療法
 治療の総論と概要
  1.治療法の選択
  2.薬物療法
   a)総論
   b)小児での薬剤選択と投与法
   c)高齢者での薬剤選択と投与法
   d)妊娠可能年齢の女性における薬剤選択と投与法
   e)副作用とその対策
  3.外科的治療法
  4.その他の治療法
  5.発作の誘因とその対処法
第IV章 てんかん診療の実践
 病態別診療マニュアル
  1.部分てんかん
  2.外科的治療の対象となるてんかん症候群
  3.若年ミオクロニーてんかん(JME)とその類縁疾患もしくは特発性全般てんかん(IGE)
  4.症候性全般てんかん
   a)成人
   b)小児
  5.急性症候性発作
  6.てんかん重積状態
  7.てんかんに伴う精神症状
第V章 てんかんの社会的側面
 1.てんかんと発達・発達症
 2.てんかんと教育
 3.てんかんと職業
 4.てんかんと日常生活
索引

序文

 ヒトは生まれてから一生涯を終えるまでに、10人に1人は少なくとも1回のいわゆる「てんかん発作」を経験するという統計があります。これは慢性のてんかん症候群だけではなく、周産期の問題や老年期の急性脳血管障害などの急性症候性発作までを含んだ数値です。すなわち、ヒトの脳は興奮と抑制のバランスで高度の脳機能が営まれていて、そのバランスが崩れると、比較的容易に「てんかん発作」を引き起こすこととなります。本書では、慢性の「てんかん病態」と「急性症候性発作としてのてんかん発作」との両者をカバーしています。
 歴史的に精神科疾患とみなされてきた「てんかん」は、今は神経細胞異常を基盤とした神経疾患とみなされ、その診療は臨床神経科学的分野の発展に伴い、加速度的に進歩しています。「てんかん」の臨床は21世紀になり大きな進歩と変化がありました。たとえば、(1)1990年代以降は、患者さんの年齢層、診療内容、併存疾患などに応じて、小児科、精神科、脳外科、神経内科の多診療科が広く対応する、まさに国民病的な色彩を呈してきました。(2)人口構造と疾病特徴の変遷に伴い(特に本邦では超高齢社会となり)、高齢者てんかんが増加しました。(3)自己免疫性てんかんという新病態の発見、てんかん重積が従前よりも非常に多様であることなど、次々に明らかとなってきました。(4)それに伴い、21世紀のてんかん発作とてんかん分類は、日進月歩の進歩を取り入れ新しくなりました。
 本書は、このようなてんかんを取り巻く多様な状態と新しい進歩を、わかりやすく一冊にまとめて、幅広いニーズに応えることを目的としました。初期研修医、神経系を対象とする各診療科(小児科、脳神経内科、脳外科、精神科、集中治療科、救急医学科など)の修練医だけでなく、medical staff(脳波検査技師、関連診療科のナースなど)の皆様まで、広くお役に立つように編集しました。具体的な本書の特徴は、以下の4点です。
 (1)最初に、代表的なてんかん病態の脳波アトラスと画像アトラスを配置しました。
 (2)各種てんかん病態の診断と治療のためのアルゴリズム12ケースを、まとめて示しました。
 (3)各論最初のモノローグで、問診から診察、検査、評価、診断、治療のプロセスの流れの実例を、物語形式で紐解きました。
 (4)専門用語は可能な限り日本語と英語の併記を心がけ、てんかんの「発作分類」や「症候群分類」については、その旧分類と新分類での対応表を作成しました。
 てんかん診療では、脳波、画像、抗てんかん薬、各種法令と社会制度など、実にさまざまな知識が必要となりますが、本書では、これらの内容をすべて包含しています。より専門的な内容は専門書を参考にしていただくとして、本書は通読して内容を俯瞰する以外に、臨床現場に即して関連部分を参照して使用していただくことができるようになっています。
 本書が広く皆様のお役に立つことを願っています。最後に、編集方針にご賛同いただき、各章を分担執筆いただきました多くの先生方、編集協力者の皆様、編集部の皆様のご協力に感謝いたします。

2020年7月吉日
池田昭夫