書籍

ぼけーっとオペしとったらあかんで!

形成外科医が説く外科手技の真常識

  • 新刊

: 菅原康志/去川俊二
ISBN : 978-4-524-24696-0
発行年月 : 2020年4月
判型 : A5
ページ数 : 168

在庫あり

定価3,960円(本体3,600円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

形成外科医が縫合法や創傷管理など、広く外科系医師に理解してほしい外科手技の基本的な考えかた、アプローチを分かりやすく伝える。毒づきながらも愛情深い先輩医師・ヨッシーと、気持ちの浮き沈みの激しい若手医師・森岡君の対話形式で構成した、少し哲学的で、少しだけ感動する外科手技の入門書。

1 外傷の処置その1
2 外傷の処置その2
3 切開
4 止血
5 キズの縫い方その1
6 術後の感染
7 キズの縫い方その2
8 キズの縫い方その3
9 展開
10 剥離
11 ドレーン
12 術後管理
13 手術環境の作り方
14 外科医と体調管理
15 手術の覚え方
16 手術記録の書き方
17 手術の標準化
18 チーム医療
19 患者さんとの向き合い方
20 外科医の生き方
索引

序文

 これまで形成外科医として、35年ちかくやってきました。
 まあずいぶん長くやってきたなぁ、という感じなのですが、さんざん手術を経験した今になっても、「ああ、あの時はよくわからなかったけど実はこういうことだったんだ」と腑に落ちることが少なくありません。あるひとつの手術を理解するのに、こんなにも時間がかかるのかと思うと、天を仰ぎたくなる気分です。
 その一方で、未だに手術をやっている最中に、「おおっ、なんと! こんなこともできるんだ」と新たな発見があったりして、外科の奥深さに驚くと同時に、その魅力にますますのめり込んでいく自分がいます。
 そんなワケで、今のわたしにとって外科手術は生業というよりも天職のようなものになってしまいました。
 でも外科を始めた頃は、上手くいかないことや思い通りにならないことが多く、決して楽しいことばかりではありませんでした。手術が面倒くさいと思ったこともありましたし、ちょっと嫌いになりかけたこともあります。それでも多くの患者さんや先輩医師、同僚、スタッフのサポートのおかげで続けることができ、今のこうした心境に至ったのだと思います。
 そんなすばらしい外科の魅力を、外科医として歩みを始めた皆さんにお伝えしようと思い、この本を書きました。手に取ってくださった読者の方が、ひとりでも多く外科医として活躍してくださり、目の前の困っている患者さんを幸せにしてくれることを願っています。
 最後に、関西弁のネイティブチェックに多大なご協力をいただいた、大守誠先生(淀川キリスト教病院形成外科)、福井充香先生(関西医科大学形成外科)に、この場をお借りして深謝申し上げます。

2020年3月
菅原康志