書籍

プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座 Ver.2

  • 新刊

: 岩田健太郎
ISBN : 978-4-524-23075-4
発行年月 : 2022年2月
判型 : 四六
ページ数 : 216

在庫あり

定価3,080円(本体2,800円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

プライマリケア医に向けて,抗菌薬の使い方と選び方を明確かつ軽妙に解説した好評書の改訂版.初版刊行から10年の間に進歩した抗菌薬に関するエビデンスや新規薬剤に関する情報,社会情勢の変化等を踏まえ,内容をアップデート.気軽に読めるコンパクトな構成で,読み進めるうちに自然に抗菌薬の的確な使い方とその根拠が身につく.内科,外科など領域を問わず必読の一冊.

Ver.2のためのまえがき
初版のまえがき

第1回  抗菌薬を学びなおしてみませんか?
第2回  抗菌薬使用の大原則〈Part 1〉
第3回  抗菌薬使用の大原則〈Part 2〉
第4回  ペニシリンを制するもの、感染症を制す〈ペニシリンPart 1〉
第5回  ペニシリンを制するもの、感染症を制す〈ペニシリンPart 2〉
第6回  ペニシリンを制するもの、感染症を制す〈ペニシリンPart 3〉
第7回  ペニシリンを制するもの、感染症を制す〈ペニシリンPart 4〉
第8回  使いやすいがゆえに間違える、セファロスポリンの難しさ
第9回  マクロライドを使いこなそう!
第10回 使いこなそう、ST合剤 ワンランク上の感染症診療へ〈ST合剤Part 1〉
第11回 使いこなそう、ST合剤 ワンランク上の感染症診療へ〈ST合剤Part 2〉
第12回 とても便利なテトラサイクリン系
第13回 ニューキノロンにご用心〈キノロンPart 1〉
第14回 ニューキノロンにご用心〈キノロンPart 2〉
第15回 外来診療に幅が出るクリンダマイシンの使い方
第16回 使わないけど、学ぶ理由があるカルバペネム
第17回 番外編 CRPでよく受ける質問
第18回 番外編 よく受ける読者からの質問

初版のあとがき
Ver.2のためのあとがき

 『プライマリケア医のための抗菌薬マスター講座』を上梓してからもう10年の月日が流れてしまいました。光陰矢の如し。本当にあっという間でした。
 前回、「まえがき」を書いたのが2011年1月。当時のぼくはまだ、(そして日本も世界も)東日本大震災という災厄がやってくることを知りません。ましてや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックのことなんて想像だにできていません。当時のぼくにタイムマシンで会いに行って、この年に起きたことを説明したとしても、「何バカなこといってんだ?お前がおバカなことは知ってたけど、度が過ぎるぞ」と眉をひそめられていたことでしょう。2014〜15年に西アフリカでエボラウイルス感染が流行し、その対策のためにシエラレオネに行ったぼくは、ロールモデルのポール・ファーマーに会いました。その後、Jリーグのサッカーチーム、ヴィッセル神戸に、2010年ワールドカップ決勝で決勝点を決めたスペインサッカー界のレジェンド、アンドレス・イニエスタ選手が移籍します。両者のサインは我が家に飾ってあるのですが、こういう話をしても当時のぼくは「あにいってんだ?」と志村けん風に失笑したことでしょう。もちろん、志村けんがCOVID-19 で絶命した話も信じてもらえないでしょう。
 さて、これを書いているのは2021年12月。世界は今も新型コロナウイルス感染症のために七転八倒しています。世界は2億6千万人以上の感染者を観察しました。52万人以上の方が命を落としています。日本の感染者も172万人を超え、死亡者も1万8千人を超えました。コロナ病棟では毎日患者がお亡くなりになるのは、日常的な風景になっています。
 本書は「抗菌薬」の使い方をマスターするための本ですが、抗菌薬を使えるということは、感染症をちゃんと診療できるということです。「ちゃんと」というのがポイントで、雑に何となく診ることは誰にだってできるのです。「ちゃんと」やるのは案外、難しい。
 そして、ちゃんと感染症を診療できるということは、問題を正しく認識できる、という意味でもあります。優れたサッカー選手で状況判断が下手なプレイヤーが皆無なように、問題認識が稚拙で、抗菌薬を正しく使えるということはありません。イニエスタ選手とかをYouTube などでご覧いただければ分かりますが、実に状況判断が的確です。要するに「抗菌薬を正しく使う」とは、抗菌薬を必要としている患者にもっとも正しい、ベストな抗菌薬を用いること抗菌薬を必要としていない患者に抗菌薬を使わない(つまりはベストな選択をする)ことなのです。もっとざっくり申し上げれば、患者にベストを尽くすことこそが、抗菌薬を正しく、「ちゃんと」使うことにほかなりません。改  本書がその役に立つことを、心から願ってやみません。

 2021年12月
 岩田健太郎