書籍

むかしの頭で診ていませんか?皮膚診療をスッキリまとめました

  • 新刊

編集 : 林伸和
ISBN : 978-4-524-22753-2
発行年月 : 2020年11月
判型 : A5
ページ数 : 232

在庫あり

定価4,180円(本体3,800円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

「専門」ではないけれども「診る機会」がある、一般臨床医が遭遇する可能性が高い皮膚症状・皮膚疾患および皮膚診療における“従来の考えかたから大きく変わったこと”を取り上げ、要点をギュッと凝縮してオールカラーで分かりやすく解説。「そもそも、どう考えるの?」「具体的にどうするの?」「なぜ考え方が変わったのか?」など、押さえておきたい知識・情報をスッキリ整理。全臨床医におすすめの一冊。

1 顔にできる黒いモノの正体は
2 赤ら顔は病気?
3 下腿に紅斑がいくつかある
4 下肢に水疱を診たら
5 下肢に潰瘍を診たら
6 手足に黒いできものを診たら
7 陰部に難治性紅斑がある
8 全身に紅斑が出ている
9 皮膚に病変がないのに痒い
10 アトピー性皮膚炎のおさらいと最新の知識
11 接触皮膚炎を見逃さないために
12 即時型アレルギーはなぜ起こる
13 花粉症と食物アレルギー
14 しつこい蕁麻疹との付き合い方
15 薬疹に注意
16 重症型の薬疹には何があるか
17 急速進行性間質性肺炎を起こす皮膚筋炎
18 Raynaud現象を診たら
19 強皮症は早めに疑おう
20 乾癬は治る?
21 光線(紫外線)療法とはどんなもの?
22 高齢者のシミとイボを治します
23 日光角化症に注意
24 一般診療で診る褥瘡はどこまで?
25 褥瘡に使う衛生材料の選び方
26 脱毛症は治る?
27 にきびの抗菌薬はいつまで続ける?
28 腋窩のおでき
29 腋臭がつらい
30 多汗症は治る?
31 輸入感染症に注意
32 感染性皮膚疾患で登校(園)していいですか
33 帯状疱疹を診る
34 爪水虫の新しい治療薬
35 疥癬の患者さんが出た
36 正しい靴の履き方:陥入爪,巻き爪の予防のための足育学
索引

序文

 30年前には、皮膚科の外用薬はステロイドや抗真菌薬、抗菌薬が中心で、これらを使ってみて効果がなければ皮膚科専門医にコンサルトいただいていました。しかし近年、皮膚科の診断と治療は大きく進歩しています。
 診断の視点からは、皮膚筋炎をはじめとする膠原病では自己抗体による分類が進みました。アナフィラキシーの原因となる食物についても詳しく解明されてきています。ダーモスコピーの普及に伴って皮膚がんの診断も変わりつつあります。一方で、国際化が進み、輸入感染症に伴う皮膚疾患も増えてきています。治療面では、アトピー性皮膚炎や乾癬にタクロリムス軟膏、ビタミンD3製剤軟膏、シクロスポリン内服、生物学的製剤(デュピルマブ、抗TNFα抗体など)、ナローバンドUVBによる紫外線療法など新しい治療法が取り入れられています。
 本書は、『むかしの頭で診ていませんか?』シリーズの皮膚科版です。皮膚科の進歩を感じていただきながら、一般医が日常診療の中で皮膚疾患を目にした際、あるいは皮膚科専門医にご紹介いただく際の手助けとなることを目的に作成しました。一般医が遭遇する皮膚科のcommon diseaseと、見落としてはいけない皮膚症状を伴う全身性疾患を取り上げました。前半では、部位や症状によって鑑別すべき疾患を包括的にイメージしていただくような項目を集め、後半では個々の疾患や症状を取り上げています。気軽に手に取っていただけると幸いです。

2020年10月
編者