書籍

日本整形外科学会診療ガイドライン

腰痛診療ガイドライン2019改訂第2版

監修 : 日本整形外科学会/日本腰痛学会
編集 : 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会/腰痛診療ガイドライン策定委員会
ISBN : 978-4-524-22574-3
発行年月 : 2019年5月
判型 : B5
ページ数 : 102

在庫あり

定価3,300円(本体3,000円 + 税)


  • お気に入りに登録

正誤表

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

国民病といえる腰痛の的確なトリアージとプライマリケアに関し、新しいガイドライン作成指針に基づいて内容を刷新。益と害のバランス、コストや患者の好みも踏まえ、日本を代表する専門家が診断・治療の指針とその推奨を示した。整形外科医をはじめ、内科医・ペインクリニシャンなど腰痛患者に接する全診療科に有益な内容を網羅した。

前文
 Background Question1 腰痛はどのように定義されるか
 Background Question2 腰痛の病態は何か
 Background Question3 腰痛の自然経過はどのようであるか
 Background Question4 腰痛は生活習慣と関係があるか
 Background Question5 腰痛と職業の間に関係はあるか
 Background Question6 腰痛は心理社会的因子と関係があるか
 Background Question7 腰痛患者が初診した場合に必要とされる診断の手順は
 Background Question8 腰痛診断において有用な画像検査は何か
 Clinical Question1 腰痛の治療は安静よりも活動性維持のほうが有用か
 Clinical Question2 腰痛に薬物療法は有用か
 Clinical Question3 腰痛の治療として物理・装具療法は有用か
 Clinical Question4 腰痛に運動療法は有用か
 Clinical Question5 腰痛に患者教育と心理行動的アプローチ(認知行動療法)は有用か
 Clinical Question6 腰痛にインターベンション治療(神経ブロック,注射療法,脊髄刺激療法など)は有用か
 Clinical Question7 腰痛に手術療法(脊椎固定術)は有用か
 Clinical Question8 腰痛に代替療法は有用であるか
 Background Question9 腰痛の治療評価法で有用なものは何か
 Clinical Question9 腰痛予防に有用な方法はあるか
索引

改訂第2版の序

 『腰痛診療ガイドライン2012』が策定されてすでに6年半が経過した。策定作業に直接携わった者の一人として、このガイドラインが腰痛診療の発展のために一定の役割を果たしたと自負している。しかし、発刊当時から多くの研究や論文が発表され、腰痛治療に関する新たな知見が積み上げられた。ガイドラインの約半数は、まさに6年で時代遅れとなり、3〜5年ごとに定期的に改訂されるべきという報告もある。かかる背景を基に、その改訂版を策定すべく腰痛診療ガイドライン改訂版策定委員会が編成された。2015年12月に第1回委員会が開催され、爾来3年を超える年月、作業を進めてきた。2018年末に最終原稿が完成し、今ここに完成版を世に問う。
 改訂版の理念は、初版と同じである。腰痛のプライマリケアに焦点を絞り、腰痛患者に対して正しく、的確なトリアージを可能せしめることとした。整形外科医はもちろん、内科医をはじめとする各専門医家にとって、evidence-based medicine(EBM)に則った適切な情報を提供する目的も同じである。しかし、前回と比べ、ガイドライン策定方法は世界的に大きく変化した。改訂版では、日本医療機能評価機構(Minds)が新しく出版し、推奨する『Minds診療ガイドライン作成の手引き2014』に完全準拠した。特徴は主に2つである。(1)「エビデンス総体(body of evidence)」の重要性:従来、個々の論文のエビデンス単体を基盤とした作成から、複数の論文をシステマティックレビューし、採用されたエビデンス全体を「エビデンス総体」として評価・統合した。(2)「益と害(benefit and harm)のバランス」を考慮:従来、診断・治療法の有益性にのみ注目していた作成法を、その有害性にも着目して評価した。まさしく、global standard(世界標準)的なガイドラインといえる。
 本ガイドライン作成に際しては、数多くの方々の御協力を得た。まずはじめに、策定委員12名、アドバイザー2名の先生方には最大の謝意を送りたい。特に、作成方法論担当委員として参画いただいた吉田雅博先生(Minds)には、すべての過程で適切な助言をいただいた。心から感謝申し上げる。日本整形外科学会理事長山崎正志先生、同診療ガイドライン委員会担当理事志波直人先生、同委員長市村正一先生の御支援・御配慮なくして、改訂版は完成しなかった。併せて、謝意を表したい。日本整形外科学会会員、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本腰痛学会評議員、日本運動器疼痛学会代議員の先生方には、多数の貴重な御意見を頂戴し、参考にした。この場を借りて、心から御礼を申し上げる。文献検索、策定業務の集約など、すべての実務面では、国際医学情報センター深田名保子氏に、刊行に際する専門的業務では、南江堂枳穀智哉氏に御世話戴いた。併せて御礼を申し上げる。
 すべての臨床医家、ひいては腰痛に苦しむ患者さんにとって、本ガイドラインが診療の「道標」となることを切に願うものである。

2019年5月
日本整形外科学会
腰痛診療ガイドライン策定委員会
委員長 白土修