書籍

対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル2024改訂第2版

編集 : 日本消化器がん検診学会 対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル改訂版編集委員会
ISBN : 978-4-524-21482-2
発行年月 : 2024年6月
判型 : A4判
ページ数 : 84

在庫あり

定価4,400円(本体4,000円 + 税)

  • 新刊

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

胃がん検診の標準化された実施体制の構築を目的として日本消化器がん検診学会の編集により作成されたマニュアルの改訂版.「がん疑い」の判定の誤解や,ダブルチェックの運用,検診で実施する検査と同時に行う生検の妥当性の評価方法等を見直すことで,より具体的な内容とした.胃内視鏡による対策型検診を導入する施設はもちろん,対策型胃がん検診に関わるすべての医療従事者必携のマニュアル.

T.本書の目的,位置づけ
U.胃がん検診の目的,検診・診療の違い
  1.胃がん検診の目的
  2.検診・診療の違い
V.胃がん検診としての胃内視鏡検査の科学的根拠
  1.胃内視鏡検診の死亡率減少効果
  2.胃内視鏡検診の検査精度
  3.対象年齢と検査間隔
  4.胃内視鏡検診の不利益
W.胃内視鏡検診の流れ
  1.事前準備
  2.検診の実施と結果判定
  3.事後処理
X.胃内視鏡検診を実施するうえで実施主体が整備すべき体制
  1.胃内視鏡検診運営委員会の設置と責務
  2.胃内視鏡検診の検査実施体制の整備
  3.胃内視鏡検診の読影業務体制の整備
  4.胃内視鏡検診に携わる医師を対象とした研修会の開催
Y.胃内視鏡検診の対象者
  1.胃内視鏡検診の対象者の条件
  2.胃内視鏡検診の対象除外・禁忌の条件
Z.検査機関が整備すべき検査機器
[.胃内視鏡検診の対象者に説明すべきこと,インフォームド・コンセント,問診
  1.検診対象者への説明(がん検診を受診する前の一般的な内容)
  2.胃内視鏡検査のインフォームド・コンセントと同意書の取得
  3.問診
\.胃内視鏡検査の実施手順
  1.前処置
  2.胃内視鏡検診における胃内観察と撮影法について
  3.検査中の鉗子生検の実施について
  4.読影医への胃内視鏡検査結果の提出
  5.検査後の対応
  6.検査に使用した内視鏡機器の洗浄・消毒と管理
  7.偶発症への対応
].読影医によるダブルチェックの実施と検診結果区分の決定
  1.ダブルチェックによる所見(読影結果区分)と検診結果区分の判定
  2.読影医による撮影画像・生検妥当性の評価
  3.読影レポートの作成と検査医へのフィードバック
Ⅺ.受診者への検診結果の通知と精密検査の実施
  1.実施主体から受診者への結果通知と検査機関の対応
  2.精密検査の実施と精密検査結果ならびに治療結果の報告
  3.精密検査結果や治療結果が把握できない場合の対応
Ⅻ.胃内視鏡検診事業の評価(精度管理評価)
  1.胃内視鏡検診の精度管理指標
  2.プロセス指標の測定項目とその定義
XIII.資料1:精度管理の基本的な考え方
  1.がん検診精度管理の目的
  2.がん検診精度管理の手法
  3.がん検診精度管理の指標
XIV.資料2:帳票の例
  1.問診票
  2.偶発症レポート
  3.胃がん内視鏡検診結果通知書
  4.胃がん内視鏡検査(精密検査)依頼書 兼 結果報告書
  5.胃がん治療結果報告書
XV.Q&A

「対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル」 は,2016 年度から対策型胃がん検診として胃内視鏡検査を導入するにあたり,胃内視鏡検診の実施体制ならびに精度管理の標準化を目的に平成27 年度厚生労働省科学特別研究事業「 対策型検診としての胃内視鏡検診等の実施にかかる体制整備のための研究」(研究代表者:深尾彰) により2015 年版が作成され,その後,本学会の対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル作成委員会により用語解説と既導入地域の事例紹介を加えた2017 年度版が市販されました.厚生労働省の「 がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」 においては,胃内視鏡検診実施にあたっては本マニュアルを参考にする旨が明記されており,本マニュアルは対策型胃内視鏡検診実施にあたっての規範として位置づけられています.2015 年度版ならびに2017 年度版マニュアルの作成にあたられた研究班や編集委員会の各位には心より敬意を表します.
しかし,胃内視鏡検診の導入が進むにつれ,当初想定されなかった運用上の課題や精度管理状況の地域間較差などが明らかとなってきました.そこで,本学会の胃がん検診精度管理委員会では,国立がん研究センターがん対策研究所検診研究部の協力を得て,2020 年度から対策型胃内視鏡検診に関するワーキンググループを設置し,胃内視鏡検診の実施にあたって本学会や国立がん研究センターに寄せられた問い合わせやマニュアルの課題などを整理し,2022 年度からは同ワーキンググループを対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル改訂版編集委員会に改称し,「対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル改訂版」 の編集作業に着手いたしました.
改訂版編集委員会では,対策型胃内視鏡検診の目的は胃がんによる死亡率減少であり,胃がん以外の悪性腫瘍は胃内視鏡検診の精度管理対象としないことを方針に,胃内視鏡検診の実施体制や精度管理体制の見直しを図り,厚生労働省がん疾病対策課や日本消化器病学会,日本消化器内視鏡学会,日本人間ドック・予防医療学会などの関連学会,パブリック・コメントに寄せられたご意見を踏まえ,本改訂版を作成いたしました.
本改訂版が本邦の胃内視鏡検診の普及ならびに実施体制・精度管理体制の標準化・均霑化に役立つことを願っております.すでに2017 年度版をもとに胃内視鏡検診を導入されている場合でも,本改訂版のコンセプトをご理解いただき,適切な胃内視鏡検診の実施と更なる精度向上に努めていただくようお願い申し上げます.
最後に,改訂版編集委員会の諸先生,ことに改訂版ひな形の作成にご尽力いただいた安保智典先生,雑賀公美子先生,町井涼子先生,また,外部委員としてご参加いただいた中山富雄先生に深謝いたします.さらに,貴重なご意見をいただいた関連学会の関係各位,南江堂の担当諸兄に厚く御礼申し上げます.
2024 年5 月
一般社団法人日本消化器がん検診学会
理事長 大西 洋英
対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル改訂版編集委員会
委員長 加藤 勝章

9784524214822