書籍

神経内科専門医試験問題 解答と解説<第2集>

編集 : 日本神経学会
ISBN : 978-4-524-20427-4
発行年月 : 2024年2月
判型 : B5判
ページ数 : 212

在庫あり

定価5,500円(本体5,000円 + 税)


  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

日本神経学会編集による神経内科専門医試験の過去問題集の第2弾.第2集では,2016〜2020年に出題された5年分の問題から約170題を精選し,各設問の解答と解説を示す.第1集と同様,神経内科診療に携わる医師の専門知識の維持・向上にも役立つのはもちろん,神経内科医以外の内科医,特に内科専門医試験を目指す内科医の勉強にも有用な一冊.

T 必修問題
U 一般問題
V 症例問題

刊行にあたって

 このたび日本神経学会では「神経内科専門医試験問題 解答と解説 第2 集」を刊行することになりました.
 日本神経学会は神経内科専門医(脳神経内科専門医)制度を1968 年に制定しました.日本神経学会の最も重要な使命のひとつが社会に貢献できる神経内科専門医を世に送り出すことであり,日本神経学会は専門医の育成に最も力を入れている学会のひとつであると自負しております.すでに半世紀の歴史を有する神経内科専門医制度は本邦の専門医制度の魁のひとつであり,また特筆すべきは一次試験と二次試験を課している点でして,二次試験では実技評価も含めた面接が実施されています.優秀な脳神経内科医は単に知識が豊富というだけでは不十分であり,臨床現場で実用できる神経診察を含めた技能,そして人間味溢れる品格,を有することも肝要です.神経内科専門医試験に二次試験があるのは日本神経学会がこうした点を重視していることの証左なのです.一方,筆記試験である一次試験においても日本神経学会は実力ある神経内科専門医を育てようという情熱をもって毎年の問題作成に取り組んで参りました.神経内科専門医試験の問題は,専門医認定委員会において脳神経内科の各分野で本邦を代表するような専門家達が何ヵ月もの期間,徹底的な議論を重ねて作り上げられるのです.想像を絶するほどの熱情を込めて厳選された問題ですので,どれもが良問であり,脳神経内科医であれば是非身につけておいてもらいたいという知識が問われています.しかし昨今の脳神経内科は病態解明や診断,そして治療などの面で長足の進歩を遂げており,良書であった2017年刊行の「神経内科専門医試験問題 解答と解説」にも改訂が必要な時期が訪 れました.
 今回の「神経内科専門医試験問題 解答と解説 第2 集」を編纂された松井真・専門医テキスト作成準備特別委員会委員長は多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン作成委員会委員長をはじめとする当学会での要職に就かれています.また,編集にあたられた特別委員会の皆様は専門医試験問題作成のエキスパートばかりです.今回の解説集第2 集では比較的最近の試験問題のなかから選りすぐられた良問を紹介し,それらに対する解説を掲載しておりますので,これから神経内科専門医試験を受験される若い先生方には大いに参考になることは必定です.また,すでに神経内科専門医としてご活躍中の先生方にとりましても最新の知識の ブラッシュアップに役立つことが期待されます.
 今後社会から益々大きな期待が寄せられるのが神経内科専門医です.本書が社会に貢献できる優秀な神経内科専門医育成の一助となることを衷心より祈念いたしまして巻頭の言葉を擱筆させていただきます.

2024年1月
日本神経学会 代表理事
西山 和利

9784524204274