書籍

整形外科痛みへのアプローチ

3.肘と手・手関節の痛み

編集 : 中村蓼吾
監修 : 寺山和雄/片岡治
ISBN : 978-4-524-20257-7
発行年月 : 1997年6月
判型 : B5
ページ数 : 296

在庫品切れ・重版未定

定価5,076円(本体4,700円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次

▼肘から手指までの疼痛を起こす外傷や疾患を、機能解剖を理解したうえで診断、治療を行うことを基本的視点に解説。また、何故その疾患では特定の症状や特定の異常検査所見が得られ、その治療方法が選ばれるかについて、図やチャートを多用し、理解しやすいように解説した。▼小項目別では、オーバーユース症候群、手根不安定症 反射性交感神経性ジストロフィーなど、近年注目されている疾患や、治療が難しい疾患を数多く取り上げた。▼整形外科医、研修医だけでなく、運動器障害を扱う外科医、コメディカルスタッフなども必読の一冊。

1.概説
 痛みの診断/疼痛性障害/打撲/捻挫/骨折、脱臼
2.肘および前腕の痛み
 A.機能と解剖
  肘関節と前腕の解剖/肘関節の機能
 B.診断(理学所見、手技、検査)
  概説/理学所見/検査/痛みの部位よりみた診断(外傷以外)
 C.軟部病変とオーバーユース症候群
  上腕骨上顆炎/肘関節離断性骨軟骨炎/野球肘
 D.関節炎と滑液包炎
  関節炎と関節症/肘関節の特徴/慢性関節リウマチ/細菌性関節炎/変形性肘関節症/結晶性滑膜炎/滑液包炎
 E.外 傷
  上腕骨顆上骨折/上腕骨外顆骨折/上腕骨内上顆骨折/肘関節脱臼/肘頭骨折/橈骨頭・頸部骨折/Monteggia損傷/肘内障/Volkmann(フォルクマン)拘縮
3.手関節の痛み
 A.解剖と機能
  手根骨の解剖/手根骨間関節/手根靭帯の解剖/手根骨の動き/手根不安定症
 B.手関節痛の診断
  概説/問診/理学所見/検査
 C.腱鞘炎、ガングリオン
  概説/腱鞘炎/ガングリオン
 D.手根不安定症
  手根不安定症の分類/手根不安定症の診断/舟状月状骨間解離/三角月状骨間解離/橈骨遠位端変形治癒骨折後の手根中央関節不安定症/全身的な関節弛緩性に基づく手根中央関節不安定症/尺側偏位
 E.骨折と脱臼
  機能解剖、発症メカニズム、生体力学/病態/橈骨遠位端骨折/手根骨骨折
 F.手関節炎
  手関節炎の分類/手関節炎の病態/診断/慢性関節リウマチ/変形性関節症/感染性関節症/外傷性関節症/その他の手関節炎
 G.Kienbok病(月状骨軟化症)
  概説/症状の進行と痛みの機序/病態/診断/治療
4.手および指の痛み
 A.機能と解剖
  概説/指の関節/手指の腱/手内在筋/支靭帯/手掌腱膜系/手部の滑液包と腔隙/指のバランスと変形/手指の血管系/手指の神経系/指腹と爪
 B.軟部病変
  バネ指(弾発指)/感染/腱皮下断裂
 C.手指の関節炎
  概説/慢性関節リウマチ/リウマチ類似疾患/痛風/変形性関節症/その他、紡錘状腫張を呈する疾患
 D.骨折と脱臼
  概説/保存的治療の注意点/指骨折の手術適応/痛みを残しやすい手の骨折と脱臼の部位と治療
 E.血管性病変
  急性動脈血行障害/末梢動脈閉塞性疾患、慢性血行障害/その他の手指血行障害
5.神経性疼痛
 A.絞扼性神経障害
  肘部管症候群/手根管症候群/橈骨管症候群/尺骨神経管症候群/回内筋症候群および前骨間神経麻痺
 B.断端神経腫、神経腫瘍
  断端神経腫/神経腫瘍の痛み
 C.反射性交感神経性ジストロフィー
  概説/病因および誘因/診断/病期分類/治療
 D.頸神経、中枢神経、腕神経叢損傷
  概説/頸神経系による痛み/中枢神経系による痛み/腕神経叢損傷による痛み