洋書

Art of Refractive Cataract Surgery

- For Residents, Fellows, and Beginners

  • 新刊

著者 : F.Zhang & A.Sugar & Lb.Arbisser
出版社 : GEORG THIEME VERLAG
ISBN : 978-1-68420-257-7
ページ数 : 276pp.(185illus.)
出版年 : 2022年

在庫僅少

定価16,324円(本体14,840円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明

白内障屈折矯正手術(RCS)の基礎の真髄!

米国では年間約360万件の白内障手術が行われており、この20年間で眼内レンズの技術や手法に大きな進歩があった。同時に、白内障患者の間では、眼鏡やコンタクトレンズへの依存を減らす、あるいはなくすことを目標に、既存の屈折異常を矯正したいという要望が高まっている。最近の調査では、眼科研修医や多くの白内障手術医が、乱視や老眼の矯正を含むRCSに関する十分なトレーニングを受けていないことが示されている。白内障のエキスパートであるFuxiang Zhang氏、Alan Sugar氏、Lisa Brothers Arbisser氏が編集した本書は、リサーチギャップを埋めるものである。

特に学生のために書かれており、研修医や後輩の疑問に基づき、彼らの実際のフィードバックによって改良されたユニークな視点の章が設けられている。白内障屈折矯正手術に精通した医師が執筆し、様々なタイプのプレミアム眼内レンズの基本原理や手術の進め方について、専門的な見識を提供する。基本的な知識と応用が明確に定義されているため、研修医や白内障屈折矯正手術の経験が浅い医師にとって、学習曲線という困難な川を渡るための十分な刺激となる。プレミアム眼内レンズの章では、候補の選択基準、禁忌事項、エビデンスに基づいた記載があり、手術の意思決定、合併症の予防、患者の転帰の改善に役立つ情報を提供している。


本書のここに注目!


●白内障の屈折矯正手術に関連するトピック(トポグラフィー/LRI/トリック/MFIOL/EDOF/トライフォーカル/モノビジョン/ピギーバック/ORA/FLACSなど)を23の章にまとめた
●白内障手術の最適な結果を導き出すための、詳細なサージカル・パールの前提条件を解説
●特定の手技に関する臨床的洞察を得ることができる20本以上の手術ビデオを掲載
●表、グラフ、図解を多用し、重要な情報を素早く把握することが出来る