洋書

Safety in Spine Surgery

Transforming Patient Care & Optimizing Outcomes

著者 : M.Vitale, R.K.Sethi & K.Wang
出版社 : WOLTERS KLUWER
ISBN : 978-1-97510-391-0
ページ数 : 231pp.
出版年 : 2020年

在庫あり

定価24,739円(本体22,490円 + 税)

  • オンライン
  • お気に入りに登録
  • 商品説明

複雑な脊椎手術分野における現代の主要課題に対応するためのテキスト。あらゆる経験レベルの脊椎外科専門医にとって必携の一冊である。本書の編集者であり、コロンビア大学医療センター整形外科のChief Quality Officer(最高品質責任者)として脊椎外科医をはじめとする優れた医療チームを率いるMichael Vitale 医師が、成人および小児患者のケアと安全性の向上につながる明確なガイダンスを提供する。安全性と転帰の改善を目的とするシステムの利用(プロセスの遵守、オープンなコミュニケーション、チームとしてのスキル向上と研修、危機感の惹起、同意の構築など)について、感染や出血、神経損傷の防止に焦点を当てながら網羅するタイムリーな内容となっている。


本書のここに注目!


●手術合併症の防止、法的責任リスクおよび医療コストの低減、疼痛緩和、患者の機能回復や生活の質向上に役立てられるコンテンツ
●全体を通して段階的手順を採用、フルカラーの図解で要点を強調する構成
●脊椎手術分野の3大主要領域を包括的に網羅︓術中の深刻な神経学的事象や手術部位感染など頻発する諸問題︔最適な疼痛管理やCUSP(包括的ユニット別安全プログラム)の活用といった安全性の改善対策︔包括的レベルで安全性向上にアプローチするシステム
●手術室安全プログラムの遂行、脊椎専門チームの構築、医師のバーンアウト対策、失血の回避、高リスク患者に「手術不可」を告げるタイミングと方法、オピオイドのより効果的な使用法、手術部位の取り違え回避、脊椎手術におけるロボット工学、最小侵襲手術、感染、安全チェックリストなど幅広いトピックをカバーする、豊富な実践的動画集
●タブレットやスマートフォンにダウンロードして専用アプリからいつでもアクセスできるインタラクティブなeBook版がバンドルされている