雑誌

臨床雑誌外科≪月刊≫

保存版 消化器外科領域の希少悪性腫瘍(Vol.76 No10)2014年10月号

発行年月 : 2014年10月
判型 : B5
ページ数 : 114

在庫なし

定価2,808円(本体2,600円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 主要目次

特集 保存版消化器外科領域の希少悪性腫瘍
I.悪性リンパ腫
 1.消化管悪性リンパ腫の分類 中村昌太郎
 2.胃悪性リンパ腫の診断と治療 吉田啓紀
II.神経内分泌腫瘍
 1.消化管神経内分泌腫瘍の最新分類 町田望
 2.胃カルチノイドの診断と治療 六車一哉
 3.直腸カルチノイドの診断と治療 大野吏輝
 4.膵神経内分泌腫瘍の診断と治療 中川原寿俊
III.消化管間葉系腫瘍
 1.消化管間葉系腫瘍の分類 廣田誠一
 2.胃・小腸gastrointestinal stromal tumorの診断と治療 長晴彦
IV.その他の希少悪性腫瘍
 1.食道悪性黒色腫の診断と治療 森和彦
 2.腹膜中皮腫の診断と治療 西英行
 3.腹膜偽粘液腫の診断と治療 清崎浩一
 4.後腹膜肉腫の診断と治療 込山元清
・連載/外科学の古典を読む[第46回]
 Albert−Lembert縫合の原典 布部創也
・臨床と研究
 完全埋め込み型中心静脈ポート感染における危険因子の検討 笹田伸介
・手術手技
 腹腔鏡下直腸手術における30mmの腹腔鏡手術用自動縫合器を使用した直腸の計画的2回切離法 平能康充
・症例
 Churg−Strauss症候群治療中に小腸穿孔をきたしたサイトメガロウイルス腸炎の1例 吉田亮介
 保存的に軽快した腸管気腫症の1例 針生智樹
 Meckel憩室のmesodiverticular bandによる絞扼性腸閉塞の1例 山本真司
 手術歴のない絞扼性イレウスに対し単孔式腹腔鏡補助下イレウス解除術を行った1例 三好修
 虫垂炎穿孔による腹膜炎で発症した虫垂杯細胞カルチノイドの1例 三好雄一郎
 腹腔鏡下に切除した炎症を伴う巨大虫垂粘液嚢胞腺腫の1例 河内雅年
 大腸癌術後にS状結腸軸捻転症を発症した1例 境雄大
 S状結腸軸捻転に対して腹腔鏡下S状結腸切除術を施行するも3年9ヵ月後に再発した1例 日高英二
 S−1が著効した切除不能膵頭部癌の1例 円城寺恩
 膵仮性嚢胞内仮性動脈瘤の塞栓治療後に遅発性出血をきたした1例 松本敏文
◎書評
 あなたのプレゼン誰も聞いていませんよ!−シンプルに伝える魔法のテクニック 田邉稔
◎随録
 第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会(会場ならびに会期変更のお知らせ)
 日本透析医会研修セミナー「透析医療におけるCurrent Topics 2014(札幌開催)」
 真菌症フォーラム第16回学術集会