雑誌

臨床雑誌内科≪月刊≫

2020年代の内科診療(Vol.128 No.6)2021年12月号

発行年月 : 2021年12月
判型 : B5

在庫あり

定価2,860円(本体2,600円 + 税)


年間購読を申し込む
  • お気に入りに登録
  • 主要目次

特 集
2020年代の内科診療
26テーマの近未来予想

座談会
 日本の医療のゆくえを占う コロナ禍に差し込んだ光を力に変えて  神田善伸・波多野 将・皿谷 健・國松淳和・中村 造
呼吸器内科
[呼吸器感染症]
  肺炎診療:診断と予防を中心に  黒沼幸治
[気管支喘息]
  好中球優位型喘息の病態と治療  中込一之
[慢性閉塞性肺疾患(COPD)]
  生物学的製剤治療の現在地  飯倉元保
循環器内科
[心不全]
  HFrEF,HFpEF:病態ごとの治療戦略  堂垂大志 ほか
[不整脈]
  臨床導入され始めている新技術・新規デバイス  里見和浩
[虚血性心疾患]
  治療法の進歩と診療拠点の集約化 診療の最適化と均てん化を目指して  辻田賢一
消化器内科
[上部消化管疾患]
  胃食道逆流症(GERD)とフレイル 超高齢社会で求められる腹部症状マネジメント  浅岡大介
[下部消化管疾患]
  下部消化管疾患とデジタルトランスフォーメーション(DX)  三原 弘
[肝疾患]
  非侵襲的診断方法およびMAFLDの提唱  米田正人 ほか
[胆・膵疾患]
  悪性胆道閉塞に対するEUS下胆管ドレナージの可能性  岩下拓司 ほか
腎臓内科
[腎疾患(高血圧を含む)]
  高血圧治療における腎デナベーションの意義と将来的展望  松尾実紀・吉原史樹
[透析療法]
  シンバイオティクスによるアルブミン結合毒素の抑制 透析療法の変遷と課題を踏まえて  阿部貴弥
内分泌・代謝内科
[内分泌疾患]
  様変わりする原発性アルドステロン症の診療 CLEIAとRFAの導入  横田健一
[糖尿病]
  糖尿病の枠を超えて活躍する治療薬  辻本哲郎
[その他の代謝疾患]
  脂質異常症診療:期待される高LDL−C血症,高TG血症の新薬とパラダイムシフト  岡崎啓明
血液内科
[赤血球系疾患]
  鉄欠乏性貧血,腎性貧血,骨髄異形成症候群に対する新たな治療薬  藤原 亨・張替秀郎
[造血系・リンパ系疾患]
  B細胞リンパ腫に対する免疫エフェクター細胞療法・二重特異性抗体  伊豆津宏二
[出血・血栓性疾患]
  血友病に凝固因子製剤は不要になるか 非凝固因子製剤と遺伝子治療への期待  宮川義隆
脳神経内科
[血管障害]
  脳卒中医療の発展:さらなる病態解明,治療開発と診療体制の確立へ  細見直永
[変性疾患]
  aducanumabの承認により大きく変わる認知症診療  井原涼子
感染症内科
[感染症]
  2020年代に公衆衛生上の脅威となる薬剤耐性菌(AMR)  小林勇仁
リウマチ・膠原病・アレルギー内科
[リウマチ・膠原病・アレルギー]
  リウマチ・膠原病治療における分子標的治療薬の跳躍  六反田 諒
腫瘍・緩和医療
[腫瘍内科]
  がんゲノム医療の発展,それを担う人材育成・チーム医療の充実化への期待  満間綾子
[緩和医療]
  緩和ケアのパラダイムシフト がんからserious illnessへ  坂下明大
総合診療・在宅医療
[総合診療]
  超高齢者の内科診療 老衰をどうみるか  今永光彦
[在宅医療]
 コロナ禍が見せた2020年代の在宅医療  大友 宣

[ 連 載 ]
ドクターGとドクターS 〜「Generalist⇄Specialist」連携のポイント〜
 ケース D 慢性腎臓病  内田治仁
〜知っているようで,実は十分に理解していない〜 医療に関する制度のあれこれ
 第9回 臨床研究法  布施 望 1261
Focus On
 プライマリケアでできる睡眠衛生指導と薬物療法のポイント  岡 靖哲

[ 投 稿 ]
総 説
 職業性ストレスとたこつぼ型心筋症  安冨真道
症 例
 Parkinson病の起立性低血圧がrotigotineで改善した2例  川嶋将司

Book Review
 脳神経疾患最新の治療2021−2023  小野寺 理