教科書

中国医学

医・薬学で漢方を学ぶ人のために

: 木村孟淳/御影雅幸/劉園英
ISBN : 978-4-524-40207-6
発行年月 : 2005年11月
判型 : B5
ページ数 : 230

在庫あり

定価5,170円(本体4,700円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次

心身全体の調和を重視した漢方医学の学習が多くの薬学生に求められる今日、本書はその起源であり処方に欠かせない中国医学の考え方・体系をイラストをまじえて解説した教科書。基礎となる陰陽五行説、気血津液・五臓六腑説、証と弁証論治、四診法、方剤と処方の実際をわかりやすく解説、また生薬の基源植物の薬効・配合例をカラーで詳説。臨床薬剤師にも最適の一冊。

第1章 世界の伝統医学

第2章 中国医学の歴史

第3章 中国医学の基礎概念と特色
 1. 中国医学の基礎概念
 2. 中国医学の基本的な特色
 3. 陰陽五行説

第4章 中国医学の生理学
 1. 気、血、津液、精の生理
 2. 五臓、六腑、奇恒の腑の概念
 3. 経絡と経穴

第5章 中国医学の病因論
 1. 人はなぜ病気にかかるのか?
 2. 病因論

第6章 中国医学の診断・治療 -弁証論治-
 1. 弁証論治とは
 2. 八綱弁証
 3. 気血津液弁証
 4. 臓腑弁証
 5. 六経弁証

第7章 中国医学の診察法
 1. 望診
 2. 聞診
 3. 問診
 4. 切診(脈診・按診)

第8章 中国医学の治療法則
 1. 中国医学の治療原則
 2. 治則
 3. 治法

第9章 中国医学の方剤学
 1. 方剤の剤型・組成と用法
 2. 方剤の各論

第10章 漢方による診断と処方
 1. 漢方独自の診断方法
 2. 主な漢方薬と証の診断
 3. 治療の実際

第11章 漢方生薬の分類
 1. 薬効による分類
 2. 科学的分類

第12章 漢方薬の剤型、製法、投薬方法
 1. 剤型
 2. 生薬の加工と調剤
 3. 煎じ方と服薬方法

第13章 漢方生薬各論

付録
 1. 参考図書
 2. 神農本草経序録