洋書

Anatomic Exposures in Vascular Surgery, 4th ed.

  • 近刊

著者 : G.G.Wind & R.J.Valentine
出版社 : WOLTERS KLUWER
ISBN : 978-1-9751-5276-5
ページ数 : 624pp.
出版年 : 2020年

在庫なし

定価41,239円(本体37,490円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明

血管外科医、一般外科医が執刀する可能性のあるすべての血管開放術において、手術室で実際に目の当たりにする解剖学的露出像を、明確かつ独自の手法で描出するテキスト、第4版。550超のフルカラー3Dイラストで血管とその周辺の筋膜、筋肉および神経の解剖学的関係を実践的かつ詳細に解説し、血管系の手術を行う際に外科医が知っておくべき知識、周辺組織を介して血管にアプローチする際の最善の方法を提示する。R. James Valentine医師による簡潔で明快な文章と、同じページに配置したイラストにより、必要な情報の検索と理解が容易である。


新版のここに注目!


●著名な外科医でアーティストでもある Gary G. Wind医師による数百枚のフルカラー3Dスタイルのイラストと、体の全領域を網羅し、外科医にとって最も重要な解剖学的関係に焦点を当てて考察する R. James Valentine医師の簡潔で明快な文章
●上下肢のコンパートメント症候群および筋膜切開術、経頸動脈血行再建術、両側前方開胸術、鳥口突起下腔の露出、橈骨動脈の採取、逆行性間腸ステント留置術、左腎静脈転移術についての新たにセクション
●広範囲の学習や短時間の復習にも対応するために、各章を解剖学的概要と外科的アプローチのセクションに分割
●発生学と解剖学的変異では、変異について考えられる説明の理解、予期せぬ解剖学的変異に遭遇した場合の判断に役立つセクションを複数収載
●様々なアプローチに関する最新の参考文献、利点と欠点、避けるべきピットフォールなどを掲載
●タブレットやスマートフォンにダウンロードして専用アプリからいつでもアクセスできるインタラクティブなeBook版がバンドルされている