洋書

<非腫瘍病理アトラス,第3分冊>

Atlas of Nontumor Pathology, Fascicle 3 -Placental

Pathology

著者 : F.T.Kraus, R.W.Redline, D.J.Gersell et al.
出版社 : AFIP
ISBN : 978-1-881041-89-4
ページ数 : 331pp.(490illus.)
出版年 : 2004年

在庫僅少

定価16,192円(本体14,720円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明
  • 主要目次

本書は,妊娠期間を通して母子双方に関わる唯一の器官である,胎盤を理解するための簡潔な指針を提供している. 14の章と補遺より成り,正常な胎盤の構造と機能から始まり,正常な妊娠・出産の合併症として発症する,主な疾患と病変について概説している. 病理学者のみならず産科医,放射線科医が胎盤の疾病を専門的かつ包括的に論じており,この3分野の専門医のための貴重な参考書となっている.

1. Anatomy, Structure, & Function
2. Basic Pathways of Prenatal & Peripartum Injury: a Pathological Aproach to Placental Interpretation
3. Clinical Syndromes & Their Pathologic Correlates in the Placenta
4. Disorders of Placental Development
5. Inflammation & Infection
6. Circulatory Problems: Thrombi & Other Vascular Lesions
7. Normal Structure & Pathology of the Membranes
8. Embyonic Development & Pathology of the Umbilical Cord
9. Abortion, Stillbirth, & Intrauterine Fetal Death
10. Fetal & Placental Hydrops
11. Tumor-Like Lesions & Metastatic Neoplasms
12. Multiple Pregnancy
13. Examination Technique
14. Diagnostic Ultrasound in Obsttrics
A. Appendix: Placental Weights & Measures
The Value of Placental Measurements
Index