洋書

Red Book 2024-2027 (33rd ed.)

- Report of the Committee on Infectious Diseases

著者 : D.W.Kimberlin, R.Banerjee ,E.D.Barnett, et al.
出版社 : AMERICAN ACADEMY OF PEDIATRICS
ISBN : 978-1-61002-734-2
ページ数 : 1260pp.
出版年 : 2024年

在庫なし

定価30,800円(本体28,000円 + 税)

※在庫表示「なし」の商品は海外発注にて注文を承ります。概ね4〜6週間で取寄可能です(「近刊」の商品は刊行後の入荷・発送になります)。
なお、海外発注後のキャンセルはお受けできかねますのでご了承ください。

  • 新刊
  • 商品説明


お得な特別価格にて好評発売中!


初回入荷分に限り,特別価格にてご提供いたします.

通常価格:39,457円(税込)
↓↓
初回入荷分限定特別価格:30,800円(税込)


初版の刊行から85年以上にわたり、本書は小児感染症の予防、管理、制御に関する信頼できる指針として専門家に参照されてきた。最新第33版では、これまでの伝統を受け継ぎ、200以上の小児感染症の症状、病因、疫学、診断、治療に関する最新の臨床ガイダンスを掲載している。

CDC、FDA、NIHの知見、および数百人の医師による寄稿による専門知識を結集し、ワクチン、新たな疾患、診断法、治療法に関する最新情報を提供する。小児科診療にとどまらず、家庭医療、救急医療、公衆衛生、学校保健、その他の医療分野の専門家にとっても小児感染症やワクチンに関する有用な情報源となるだろう。


新版のここに注目!

●ダイナミックに変化する小児医療との関連性を考慮し、すべての章を修正
●「患者や保護者とワクチンについて話し合う」の章を大幅に改訂
●COVID-19とエムポックスに関する章を追加
●「System-Based Treatment」の表が並び替えられ、身体の系統ごとにグループ化された推奨事項に、より簡単かつ迅速にアクセスできるようなった
●予防接種、抗菌薬による予防、感染症対策など、疾病予防のための標準的なアプローチや、エビデンスに基づく政策提言について最新の情報に更新
●AAPおよびCDCのワクチンに関する2024年版の推奨事項、医療従事者の予防接種に関するCDCの推奨事項、およびNelson's Pediatric Antimicrobial Therapyの薬剤推奨事項と一致するよう、内容を更新
●「母乳育児と母乳」の章は、母乳育児に関する2022年のAAPの方針声明に沿った情報に更新
●一般的に投与される小児用ワクチン、トキソイド、および免疫グロブリンのコードのリストが拡張された

9781610027342