洋書

Atlas of Genitourinary Pathology

- A Pattern Based Approach

  • 近刊

著者 : Wobker
出版社 : WOLTERS KLUWER
ISBN : 978-1-4963-9766-9
ページ数 : 496pp.
出版年 : 2020年

在庫なし

定価35,739円(本体32,490円 + 税)

  • お気に入りに登録
  • 商品説明

本書は毎日の病理報告書の作成プロセスと同様の順序で、読者を正確な診断へと導く効果的なレファレンスである。この実用的な参考書は、実績のあるパターンベースの手法を用いて、臨床所見において見逃してはいけない特徴を強調し、スライドの中に隠された手がかりを見つけ出すことで、困難な症例の解釈方法を明確に説明している。本書は日々の診断で常に参照できるガイドとして有用であり、関連情報を見つけ出し、正しい診断を下し、合理的な病理報告書を作成するのに役立つ、多数の臨床的および教育的機能を備えている。

前立腺、膀胱、腎臓、精巣、男性生殖器管の生検標本と切除標本の微妙な形態上のスペクトルをとらえた1,200枚以上の高品質の写真が掲載されている。各画像には、診断上の重要な考慮事項が注釈付きで記載されており、微妙な特徴や診断上の手がかりを示すふきだしも含まれている。


新版のここに注目!


●臨床病理学的特徴、管理、治療法の選択肢について整理した表
●免疫組織化学的、(そして必要に応じて)分子的なツールをいつどのように取り入れるかの議論
●診断における重要な要素のチェックリストと、病理学的報告書作成に役立つ “Sample Note”
●厳選された標本の写真、および多数の組織学的な相関関係
●健全な状態との対比が可能な、通常の組織学の概説
●"Pearls and Pitfalls"と“Near Misses”のコーナーでは、実際の病理報告書作成時の体験からの教訓を収載
●“Frequently Asked Questions”のコーナーでは、一般的にみられる診断上のジレンマについて説明している
●複雑なトピックや難しいトピックをどのようにまとめるかのテンプレートを提供する“Sample Note”のセクション
●包括的な設問が多数収載され、板書スタイルでの講義のような経験を提供する


eBookでより充実した読書体験を!


●コンピューター、タブレット、スマートフォンなど、お好みのデバイスで閲覧可能
●内容を自然な言葉で活字から音声に出力することで、容易にオーディオブックに変換可能