洋書

Diagnostic Pathology: Hepatobiliary & Pancreas, 3rd ed.

著者 : M.Westerhoff, L.W.Lamps & S.Kakar
出版社 : AMIRSYS,INC.
ISBN : 978-0-323-77620-2
ページ数 : 515pp.
出版年 : 2022年

在庫僅少

定価42,614円(本体38,740円 + 税)

  • E-Book
  • お気に入りに登録
  • 商品説明

Diagnostic Pathologyシリーズ「肝胆膵病理学」最新第3版。
消化管および膵臓や肝臓などの副器官の腫瘍性・非腫瘍性疾患のあらゆる側面をカバーし、最新の臨床病理学的、分子的な知識を取り込み、今日の診療に関連する重要な課題を包括的に説明する。豊富な図解と使いやすさを兼ね備えた本書は、日々のリファレンスとして、また信頼性の高いトレーニング教材として最適である。様々なレベルの医師にとって、ポイントオブケアの優れたリソースとなっている。


新版のここに注目!

●数百件の症例を分析し、定義、疫学、臨床像、巨視的・微視的特徴、鑑別診断、病理診断のコツなどを掲載
●最新の免疫組織化学的マーカーや、診断の向上に重要な役割を果たす補助的技術(BAP1、INSM1、Rb遺伝子、アルブミンのIn Situハイブリダイゼーションなど)を含む、最新情報を収載
●分子病理学の最新情報を反映し、診断のための新しい免疫組織学的・分子学的・遺伝学的手法を取り上げている。また、肝臓、膵臓、胆道系の腫瘍の発生と活動に関する新しい情報が追加された
2019年WHO消化器系腫瘍分類より、診断技術の重要な変更点、がんの新しい変種の特定、診断と治療の選択肢を増やす免疫組織化学的マーカーと補助技術について詳述
AJCC Cancer Staging Manual最新第8版の内容を反映。新しい用語、最新の神経内分泌腫瘍および神経内分泌癌の等級、肝細胞腺腫、胆管癌、その他の腫瘍の特徴的な分子構造変化などを収載
●テンプレート化された見やすいデザイン、簡潔な箇条書きのテキスト,高画質の画像を収載。研修中の病理医でも確実な診断を行うことが出来る
●付属するeBookでは、収載されるすべてのテキストや画像を、様々なデバイスで利用可能