雑誌

がん看護≪隔月刊≫

研究を活かしケアにつなぐ看取りのエビデンス(Vol.26 No.8)2021年11-12月号

発行年月 : 2021年11月
判型 : A4変

在庫あり

定価1,760円(本体1,600円 + 税)


  • お気に入りに登録
  • 主要目次

研究を活かしケアにつなぐ看取りのエビデンス 特集にあたって 宮下 光令
 ●死に向かうからだの変化と予後予測 角甲  純
 ●死に向かうからだと症状
  ・疼 痛 重野 朋子
  ・呼吸困難 山本 瀬奈
  ・口渇,喘鳴,身の置き所のなさ 小林 成光
  ・せん妄 菅野 雄介
 ●死を迎える人へのケア
  ・輸液,栄養,食べること 向井未年子
  ・鎮 静 〜緩和困難な苦痛のケア〜 市原 香織
  ・グリーフケア,エンゼルケア 青山 真帆
 ●看取り期の家族ケア〜この時期にとくに必要なコミュニケーション〜 本田 順子
 ●在宅での看取り 田中 智之,若松 冬美
 ●COVID-19パンデミック下における看取り〜面会方法の工夫,死後処置〜 松村 優子

●連 載
▼知って安全! エビデンスに基づく抗がん薬の曝露対策と臨床実践 【4】
抗がん薬投与管理環境の日常清掃 狩野 太郎
▼シームレスに実践 ターミナルケア・グリーフケア 【4】
外来でのターミナルケアの実践
〜人生の完結期をその人らしく過ごすために,ともに考え支える外来看護とは〜 宮田 優子
▼もっと知りたい! 放射線療法 【2】
多職種で取り組む患者支援の方法を知る
〜職場・職域を超えた新たな取り組み〜 大田 史江
▼遺族の声を臨床に活かす 〜J-HOPE4研究(多施設遺族調査)からの学び〜 【新連載,#1,#2】
J-HOPE4研究(多施設遺族調査)の概要
J-HOPE4研究とはなにか 〜緩和ケアの質の評価と遺族の抑うつ悲嘆〜 升川 研人,宮下 光令
リハビリテーション付帯研究22 緩和ケア病棟でのリハビリテーションが終末期患者に与える影響 宮下 光令,長谷川貴昭
▼がん薬物療法看護のWhat’s Trending! Past ☞ Current ☞ Future 【10】
The ONS 46th Annual Congressのレポート 〜がん薬物療法のトピック〜 菅野かおり
●今月の症例
外国人がん終末期患者に対する緩和ケアの経験 尾形由貴子
●リレーエッセイ●こちらがん看護スペシャリスト奮闘中!
〜新たな敵と対峙してがん医療を前進させる〜【6】
▼第6回 がん医療の未来を守る
子どもたちからの後押しに奮起しながらチーム医療を芽吹かせる 栗田直央子
今までの当たり前からの転換 〜ICTを看護ケアに取り入れる好機〜 藤原 由佳
●My Favorite Medicine!! 私が注目している抗がん薬を紹介します【17】
ゲムツズマブオゾガマイシン 菅野かおり