教科書

NEWテキストシリーズ

NEW精神医学改訂第2版

編集 : 上島国利/丹羽真一
ISBN : 978-4-524-24236-8
発行年月 : 2008年4月
判型 : B5
ページ数 : 416

在庫あり

定価7,020円(本体6,500円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

既存の教科書と異なり、学生に要求される知識量、講義時間を考慮し、頁数を厖大にすることなく精神医学の基本的な知識・考え方をまとめた。今改訂では「学習の要点」を設け学習すべきポイントを明確に示すとともに、「症例」を追加し疾病への理解を助けるよう工夫した。さらにコアカリ・OSCEとの関わりも示し試験対策も意識した。今版より2色刷とした。

総論
第1章 精神医学序論
第2章 精神医学における面接・診断法
第3章 精神症状学
第4章 精神科治療法
第5章 社会と精神医学
第6章 ライフサイクルと精神・心理学的特徴
第7章 精神科救急
第8章 精神医学と関係法規

各論
第1章 症状性を含む器質性精神障害
第2章 精神作用物質による精神および行動の障害
第3章 統合失調症、統合失調型障害および妄想性障害
第4章 気分(感情)障害
第5章 神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害
第6章 生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群
第7章 成人のパーソナリティおよび行動の障害
第8章 精神遅滞(知的障害)
第9章 心理的発達障害
第10章 小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害
第11章 心身症
第12章 てんかん
第13章 コンサルテーション・リエゾン精神医学
第14章 新たな医学教育からの話題─モデル・コア・カリキュラム基本事項からの重要抜粋およびOSCEについて

本書を精神医学のminimum requirementを満たし、精神医学を系統的に正しく理解できるように医学部学生向きのテキストとして出版してから既に6年有余が経過した。初版の序文に記載したように、近年の医学の進歩は著しく精神医学も例外とはいえず、適切な期間をおいて内容を刷新し、最新の情報を提供すべきであり、今回改訂を行った次第である。
 改訂に際しては、読者の理解を深めるために各論を中心に各章の冒頭に「学習の要点」をまとめ、「症例」を入れ、適宜「コラム」で興味ある事項を加えた。
 また記述を簡潔・手短にし、見出しを増やし、図表も追加し2色刷りとして視覚に訴える工夫もした。一方、昨今注目されている疾患、日常よく臨床現場に登場する疾患については、内容を充実させた。改正法規などは最新のものを記載した。
 更に本書では、全篇にわたり医師国家試験の出題基準を念頭に置いた記載がなされているが、「新たな医学教育からの話題」を新たに追加し、モデル・コア・カリキュラム基本事項からの重要抜粋およびOSCE(客観的臨床能力試験)について解説し、共用試験に役立つように配慮した。
平成20年2月
上島国利
丹羽真一
(一部改変)