雑誌

雑誌 胸部外科 寄稿規定

雑誌 胸部外科 寄稿規定

Eメールでの投稿受付を始めました!

投稿をご検討いただいている方へ

 弊誌ではEメールでの投稿論文の受付を始めました。下記寄稿規定をご確認のうえ、どしどしご投稿ください。

■本誌は胸部外科およびそれに関連した領域の進歩に寄与する論文を募集しております.
■投稿論文の採否は編集会議で決定いたします.
■他誌(外国雑誌も含む)に発表済み,投稿中のものはお断りいたします.

論文の長さ

原稿はA4判の用紙に横書きで400字詰(20字×20行)で入力し,下記のとおりとしてください.文献は本文枚数に含めます.
 ・胸部外科の指針,今月の臨床,臨床と研究:本文20枚以内,図表8枚以内
 ・今月の話題,臨床経験:本文12枚前後,図表5枚以内
 ・症例,手術の工夫,術前術後管理など:本文7枚以内,図表4枚以内
図表が増加した場合は,適宜本文を減じて調整してください.

表 紙

題名(和文・欧文)を付し,著者名(12名以内,ローマ字綴りを併記),所属・所属科(筆頭著者の所属が病院のときは住所を併記)と役職(大学の講師,病院の医長以上)を明記してください.

キーワード/KEY WORD

4語以内のキーワード(和文・欧文)を付してください.

本 文

1.口語体,新かなづかい,常用漢字を用い,句読点をはっきり打ってください.
2.外国語はできるかぎり邦訳し,邦訳しえない外国語,人名は外国語綴りとします.
3.論文の最後に「おわりに」と題しまして,その概要がわかる"まとめ"をつけてください.
4.機器名は商品名[会社名と所在地(都市名)を明記]で,薬剤名は一般名の欧文表記で記載してください.

図・表

1.図(写真,シェーマ,グラフなど)・表には説明文を入れ,1図1枚,1表1枚としてください.
2.写真はサービス判程度の鮮明なものを選び,写真上に矢印・文字が必要な場合はトレーシングペーパーを使用してください.
3.写真は原則として紙焼き(印画紙)をご送付いただいておりますが,デジタルデータ原稿の場合は,データを記憶メディア(USBメモリ,CD,MO,フロッピーディスクなど)に保存のうえ,同送ください.
4.カラー写真の掲載は原則として実費を申し受けます.

SUMMARY(英文抄録)

英語に精通した医師(できれば欧米人)の校閲を経て,以下の長さにまとめ論文末尾に添付してください.
胸部外科の指針,今月の臨床,臨床と研究,今月の話題,臨床経験150〜200語症例,手術の工夫,術前術後管理など100〜150語

文 献

1.引用文献に限定し,出拠順に配列し,本文中の引用箇所には番号ルビ1、 2)をつけてください.
2.文献著者名は3名まで記し,それ以上は,ほか(日本語文献),et al(外国語文献)としてください.
3.文献表題を必ず記載し,以下のような形式に統一してください.欧文著者名および欧文雑誌省略名(「Index Medicus」に準ずる)はカンマ,ピリオドを打ちません.

〔雑誌の場合〕

著者名:論文名.雑誌名巻数:頁,発行年

1) End A、 Hollaus P、 Pentsch A et al:Bronchoplastic procedures in malignant and nonmalignant disease;multivariable analysis of 144 cases. J Thorac Cardiovasc Surg 120:119-127、 2000
2) 小田 誠,金森太郎,伊藤祥隆ほか:自験例における肺癌に対する気管分岐部形成術.胸部外科54:42-46、 2001

〔書籍の場合〕

著者名:題名.書名,版数,編集者名,発行所名,発行地名,巻数,頁,発行年

1) Inoue K:Branched stent-grafts for complex thoracic aortic aneurysms. Surgical and Endovascular Treatment of Aortic Aneurysms、 ed by Branchereau A、 Jacobs M、 Futura Publishing、 New York、 p35-41、 2000
2) 澤 芳樹,松田 暉:外科治療の適応からみた心筋保護のための生活指導.心筋保護の臨床?ベッドサイドから分子メカニズムまで,望月正武,堀 正二(編),南江堂,東京,p71-73、 1999

著作権について

1.本誌に掲載される著作物の複製権,翻訳権,翻案権,上映権,譲渡権,公衆送信権(送信可能化権を含む)は,(株)南江堂が保有します.
2.他の文献から文章・図・表などを転載される場合は,あらかじめ著作権者の了解を得てください.原著者との交渉は投稿者において直接お願いします.それらには出所(文献表記に準ずる)を明示してください.

掲載誌・別刷

筆頭著者には掲載誌1部と別刷30部を贈呈いたします.別刷をそれ以上ご希望の方は有料でおつくりします.

ご連絡先

原稿送付先

〒113-8410 東京都文京区本郷3-42-6
(株)南江堂「胸部外科」編集室 宛


メールで投稿する

個人情報等のためEメールでの送付に懸念がある方は,パスワードを設定のうえファイルを保存し、別途パスワードを編集部にご連絡ください。

★ご投稿は原稿(本文・図表)と原稿データの記憶メディア(USBメモリ,CD,MO,フロッピーディスクなど)を使用機種,ソフト名を明記のうえお送りください.

★E-mailの場合,メール本文にご氏名,ご所属施設名・住所,論文タイトル,添付ファイルの内容を明記のうえ,ファイルを添付してお送りください.


[パスワード設定方法]
左上の「ファイル」→「名前を付けて保存」→「ツール(L)」→「全般オプション」で開いたウィンドウに任意のパスワードを設定あるいは,左上の「ファイル」→「情報」→「文書の保護」(*)→「パスワードを使用して暗号化(E)」で開いたウィンドウに任意のパスワードを設定(*Wordの場合.Excelの場合は「ブックの保護」、PowerPointの場合は「プレゼンテーションの保護」となります)