洋書

< 病理診断学シリーズ:リンパ節,脾臓,節外性リンパ腫 >

Diagnostic Pathology: Lymph Nodes & Spleen with

Extranodal Lymphomas

著者 : L.J.Medeiros, R.N.Miranda, S.A.Wang, et al.
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-931884-52-5
ページ数 : 950pp.
出版年 : 2011年

在庫あり

定価44,053円(本体40,790円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明

本書の特色

現役医師らによって設立された医療情報プロバイダーAmirsys社の好評シリーズ“Diagnostic Pathology”の最新刊「リンパ節,脾臓,節外性リンパ腫」.臨床病理医向けに編まれた使いやすい総合的なリファレンスブックで,Amirsysのリファレンス・ツールに対する読者の期待に沿うように,肉眼的病理学所見,広範な病理染色,まれな疾患のさまざまな放射線画像,詳細な医学図版といった卓越した医学画像を多数収載する.
解剖学的部位ごとに,画像に加え標本検査プロトコルと詳細な免疫組織学パネルを掲載.さまざまな良性・悪性疾患とリンパ腫(リンパ節炎の感染源,反応性リンパ節腫脹,免疫不全関連リンパ増殖,リンパ節・脾臓・リンパ節外部位の顆粒球性腫瘍など)について網羅している唯一無二の書籍である.さらに,このシリーズの他のタイトルと同様,各章では,定義,用語,病因と発症機序,人口動態,臨床所見,治療法,予後,放射線画像,病理学,鑑別診断を扱っている.病理学的特徴には,巨視的特徴,顕微鏡的所見,細胞病理学,関連研究の記述を盛り込み,手広く詳細である.関連研究では,組織化学,免疫組織学,細胞遺伝学,分子診断学,および超微細構造所見を扱う.本書は,複雑なリンパ節・脾臓・節外部位の病理と,リンパ腫とリンパ節腫脹の診断の理解に役立つこと間違いなしの,すぐれた病理診断リファレンスである.


Table of Contents
Section 1
: Reactive Nonspecific Changes
Section 2: Infectious Causes of Lymphadenitis
Section 3: Reactive Lymphadenopathies
Section 4: Hodgkin Lymphomas
Section 5: Leukemia/Lymphoma of Immature B- or T-cell Lineage
Section 6: Nodal B-cell Lymphomas
Section 7: Extranodal B-cell Lymphomas
Section 8: "Gray Zone" B-cell Lymphomas
Section 9: Nodal T-cell Lymphomas
Section 10: Extranodal T-/NK-cell Lymphomas
Section 11: Immunodeficiency-associated Lymphoproliferations
Section 12: Non-Hematopoietic Proliferations in Lymph Node
Section 13: Granulocytic/Histocytic Tumors
Section 14: Spleen
Section 15: Antibody Index