洋書

<ホッペンフェルド整形外科手術進入法,第5版>

Surgical Exposures in Orthopaedics, 5th ed.

- Anatomic Approach

  • 新刊

著者 : S.Hoppenfeld, P.deBoer & R.Buckley
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-4963-0947-1
ページ数 : 739pp.
出版年 : 2017年

在庫あり

定価33,480円(本体31,000円 + 税)

  • E-Book
  • 商品説明

25年間にわたり好評を博してきた整形外科手術解剖学の標準的テキスト,改訂第5版. 豊富なフルカラー図版を用いて整形外科で使用される手術アプローチを提示し,関連する解剖学的構造を外科医の視点から解説する.最新の第5版では,関連性の高い解剖学的アプローチを採用し,この分野で最近生じた変更点にも触れながら最新情報を提供する. 解剖学上の知識を向上させ,安全性を高め,さらに患者のアウトカムを向上させるようデザインされており,整形外科医にとって必携の参考書である.
本書には,タブレットやスマートフォンにダウンロードしたりオンラインでアクセスすることができるインタラクティブなeBook版がバンドルされている.


新版のここに注目!

●各章では,解剖学的なランドマークと切開の明確なプレビューが提示されるほか,表在性および深部切開部に潜む危険性に重点を絞り,外科的アプローチの技術とピットフォールを詳述
●図解付きの分割画面を取り入れ,適切なすべての角度から撮影した手技に関する17本の高画質動画を盛り込む
●既存の外科的アプローチの最新版として,末梢部の橈側骨折の固定に対する古典的アプローチが追記されたほか,下腿および前腕のコンパートメントシンドロームの緊急減圧法のために増補されたアプローチを記載
●脛骨プラトーに対する後方や後外側からのアプローチや,股関節の外科的な脱臼,股関節への微小浸潤性の前方からのアプローチ,また母指の中足骨指関節に対する側方からのアプローチについての最新情報を取り上げる
●腸恥筋膜に関するわかりやすい叙述,大転子のフリップ骨切り術の段階的テクニックを記載