洋書

<デヴィタ,ヘルマン,ローゼンバーグの癌,第10版>

DeVita, Hellman, & Rosenberg's Cancer,10th ed.

- Principles & Practice of Oncology

著者 : V.T.DeVita,Jr., T.S.Lawrence & S.A.Rosenberg
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-4511-9294-0
ページ数 : 2234pp.(880illus.)
出版年 : 2015年

在庫あり

定価48,870円(本体45,250円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明
  • 書評

世界でもっとも権威ある腫瘍学の標準的リファレンスとして幅広く好評を博してきたテキスト,改訂第10版.
400名以上の著名な専門医が,あらゆる適切な治療モダリティの役割に加えて集学的治療を検討し,各タイプの癌について症状の病期に応じた,今日最も有効な治療計画を検証する.
このような集学的アプローチによって,癌治療チームは臨床における最大の難問に協同的に対処し,それぞれの癌患者に最適なケアを提供することができる.

●━━━ 新版のここに注目!━━━●
●“Hallmarks of Cancer”,“Molecular Methods in Cancer”,“Oncogenic Viruses”,“Cancer Screening”といった新章,癌の遺伝子検査とカウンセリングの新セクション,さらに,最新の生物学的治療を含む全編にわたる幅広いアップデートによって,この分野における最新の進歩を最大限活用できる.
●主要な治療を扱う各章において外科医,腫瘍医,放射線腫瘍医が多分野からのバランスのとれたアドバイスを提供しており,あらゆる適切な治療法を十分に調整された最適な形で使用できる.
●各タイプの癌に関する最新の分子生物学的知識と,治療の進歩に対するその意味をレビューする.
●癌のスクリーニングと予防,緩和ケア,支持療法,QOL問題において最適な意思決定を行う.

 名著DeVitaのCancerが創刊から32年を経て10回目の改訂がなされた.腫瘍学のパイオニアであるエール大学のDeVita先生,腫瘍放射線医学のミシガン大学Lawrence先生,そしてがん遺伝子治療で高名なNCI(国立がん研究所)のRosenberg先生の3人を筆頭に403人のエキスパートによって執筆された大書である.創刊当初よりこのテキストのポリシーは,広い領域のがん治療について包括的にカバーしつつもわかりやすい内容であること,その一方で各科の専門家が読んでも満足する十分な内容を盛り込むことである.その結果,常に最新の情報を網羅すべく32年で10回目というほかに類をみないほど,頻回の改訂を行うこととなっている.この努力が“世界でもっとも人気のあるがん研究の教科書”といわれるゆえんである.対象ががん患者であるため,医師は著しく進歩の早いこの分野の研究開発の情報を,ベッドサイドで常に最新のものにアップデートしておかなくてはならない.したがって,今回の改訂においては全体の4分の1もの内容(72項目)についてアップデートが行われている.オンライン版を利用するとアップデートされた内容のみを選択して簡単に目を通すことができるようになっている.

 第1章から第4章までは総論が書かれている.「第1章 oncologyの原則」「第2章 がんの原因と疫学」「第3章 がん治療の原則」「第4章 がんの予防と早期発見」となっている.第5章が各論で頭頸部がん,肺がん,消化器がん,泌尿器がん,婦人科がん,乳がん,内分泌系腫瘍,骨軟部組織肉腫,皮膚がん,中枢神経系腫瘍,小児がん,造血器腫瘍,そのほかのがん(原発不明がんを含む),免疫抑制関連腫瘍,がん緊急症,転移がんの治療,造血幹細胞移植,抗がん薬の副作用への対応について基礎から最新の臨床情報まで網羅されている.第5章は本テキストのもっとも読み応えのある部分である.第6章では終末期医療における支持療法と緩和ケアについて詳しく書かれている.

 本書を購入すると表紙の裏にオンライン版へのアクセスコードが記載されている.出版社のホームページにアカウントを作成しアクセスコードを入力するとパソコンはもちろん,タブレット端末から本書に簡単にアクセスでき,この大書を手軽にベッドサイドまでもち歩くことが可能になる.これは大変便利で利用価値の高いサービスなのでぜひ利用していただきたい.

 驚いたのはこの検索機能の優秀さである.検索ワードを入力するとこの出版社から発刊される23のがんに関わるテキストの情報にアクセスできる.“DeVitaのCancer”ばかりでなく,“WintrobeのHematology”まで読めてしまうことには驚きである.正直にいうと私はhematologistなので“Cancer”に記載された内容だけでは不十分で,このテキストの内容をもとに文献を検索して学習するわけである.しかし,オンラインの検索機能を利用して“Wintrobe”まで読めてしまうとすべて完了である.血液学を学ぶ者にとってそれは聖書であるから.

 さらに,オンライン版では本書に収められた536個の表や画像がパワーポイントスライドとして入手でき,デジタルデータとして利用できる.これは教育に関わる大学の教員にはきわめて有用なサービスである.加えて,がんの実地臨床において誰もが参考にする58あるNCCNのガイドラインの最新版が1クリックでアクセスできるようになっている.また,米国NCIが準備する150に及ぶ患者教育用資料も入手可能である.本書をデスクに置き,普段はタブレット端末をもち歩くと,ことがん診療に関する限り,多くの部分がこの1冊で完結するといえる.

 残念なことに,この機能が利用できるのはアカウントの作成から1年間であるらしい.できればオプションの料金を払ってでも,この検索機能だけは延長して利用できるようにして欲しいものである.せめて次回の“Cancer”の改訂までは.バイブルともいえるこのテキストを毎年購入することはできないわけだから.

評者■自治医科大学内科学講座血液学部門講師 翁 家国

この商品を購入した方におすすめ

Oxford Textbook of Palliative Medicine, 5th ed.,Hardcover
Oxford Textbook of Palliative Medicine, 5th ed.,
Hardcover
詳しく見る
WHO Classification of Tumours of Lung, Pleura, Thymus &Heart, 4th ed.
WHO Classification of Tumours of Lung, Pleura, Thymus &
Heart, 4th ed.
詳しく見る
Washington Manual of Oncology, 3rd ed.
Washington Manual of Oncology, 3rd ed.
詳しく見る

関連洋書籍

Cancer: Principles & Practice of Oncology, 2nd ed.- Primer of the Molecular Biology of Cancer
Cancer: Principles & Practice of Oncology, 2nd ed.
- Primer of the Molecular Biology of Cancer
詳しく見る