洋書

<フィールズ・ウイルス学,第6版>

Fields Virology, 6th ed., in 2 vols.

著者 : D.M.Knipe, P.Howley, J.I.Cohen, et al.(eds.)
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-4511-0563-6
ページ数 : 2456pp.(1000illus.)
出版年 : 2013年

在庫僅少

定価62,262円(本体57,650円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明

本書の特色

ウイルス学のあらゆる側面をカバーした権威あるリファレンスブック,改訂第6版.ウイルスの生物学や,特定のウイルス科の複製および医学的側面も詳述する.インフルエンザ,ノロウイルス,その他の新興ウイルスや再興ウイルスは定期的に大流行するため,入手しうる最新の情報を得ることが不可欠である.
新版ではすべての章が全面的にアップデートされ,ウイルスの発見と新興ウイルスに新たに重点がおかれている.新規ヒトポリオーマウイルスなどの癌関連ウイルスが強調され,サーコウイルスとミミウイルスを扱う新章を設けた.
新版でも引き続きウイルスが中心テーマであるが,プリオンや伝染性海綿状脳症に関する情報も取り扱う.

【ここに注目!!】
・全編にフルカラーを採用し,1,000枚以上の図版を収載しており,講義のスライドとして使用できるように多くの章で要点の図を提供する.
・本書専用ウェブサイトでは,検索機能付きの本編全文や,PubMedをはじめとする冊子版には記載のないリソースへのリンクにいつでもアクセスできる.
・インフルエンザやHIVを引き起こすウイルスを含む新興ウイルスを新たに取り上げる.
・ウイルスと癌に関する内容をアップデート.
・ウイルス構造,ウイルス侵入・複製・構築,ウイルスと宿主細胞の相互作用,宿主の免疫反応とワクチン,抗ウイルス薬治療,ウイルスの進化と免疫化などをカバー.
・医学的に重要なすべてのウイルスについて,基礎科学と臨床における特徴を含めて完全に網羅.
・サーコウイルスの章,ミミウイルスの章,およびチクングニアウイルスのセクションを新設.
・新たなHCVプロテアーゼ阻害剤やHIVインテグラーゼ阻害剤を含む,抗ウイルス薬の重要な進歩を提示.