洋書

< 心血管生理学―臨床アプローチ >

Cardiovascular Physiology

- Clinical Approach

  • 絶版

著者 : C.Courneya, M.J.Parker & R.M.Schwartzstein
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-0-7817-7485-7
ページ数 : 192pp.(67illus.)
出版年 : 2011年

在庫なし

定価5,778円(本体5,350円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明

本書の特色

心血管生理学の要点を医学生,レジデント,看護師,その他医療分野の専門家に向けて明解かつ臨床志向に解説するテキスト.臨床に有意義な形で生理学をレビューする一連のモノグラフ“The Integrated Physiology Series”の第2弾である.講義形式と会話体を採用することでこのテーマの難解さや扱いにくさを補い,詳細な図版とオンラインの動画を用いて,患者ケアに最も関連のある心血管の重要コンセプトの理解を促す.さらに,学習目的,考察問題,臨床例,USMLE形式の復習問題によって,読者は必要とされる要素を完全に習得し内容をマスターすることができる.
LWW社の本書専用ウェブサイトでは,検索機能付きの本編全文と動画40本をオンラインで無料提供する.


Table of Contents
1: Getting Started
: The Approach to Cardiovascular Physiology
2: Form and Function: The Physiological Implications of the Anatomy of the Cardiovascular System
3: Excitation Contraction (EC) Coupling: Calcium, the EC Powerhouse
4: The Cardiac Cycle: Diagnostic : Bringing the Chambers Together
5: Electrical Function: Setting the Rhythm
6: Electrocardiogram: Keeping the Beat
7: Cardiac Output (Starling Curves): Getting It Started
8: Blood Vessels: Special Delivery
9: Control of Blood Pressure: Keeping Us Standing
10: Integration Chapter: Pregnancy, Two Hearts Beating as One
Appendix: Answers to Review Questions
Glossary
Index