洋書

<ボローニャ皮膚科学,第3版(全2巻)>

Dermatology, 3rd ed., in 2 vols., with Expert Consult

Premium

著者 : J.L.Bolognia, J.L.Jorizzo & J.V.Schaffer
出版社 : SAUNDERS
ISBN : 978-0-7234-3571-6
ページ数 : 2572pp.(2969illus.)
出版年 : 2012年

在庫僅少

定価73,774円(本体68,310円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明
  • 書評

本書の特色

あらゆる皮膚病の診断から治療までを豊富な挿図とともに詳述したボローニャの改訂第3版.レジデントから経験豊かな実地医までさまざまなレベルの皮膚科医にとっての座右の書といえる.今回の改訂では特に組織病理図の充実をはかっている.前版はBMA(英国医学会)から優秀書籍賞が授与されている.Expert Consult Premiumが付属し,全文検索や画像ダウンロードが可能で,内容が定期的にアップデートされる.


Table of Contents
VOLUME ONE
Section 1
: Overview to Basic Science
Section 2: Pruritus
Section 3: Papulosquamous and Eczematoses
Section 4: Urticarias, Erythemas and Purpuras
Section 5: Vesiculobullous Diseases
Section 6: Adnexal Diseases
Section 7: Rheumatologic Dermatology
Section 8: Metabolic and Systemic Diseases
Section 9: Genodermatoses
Section 10: Pgmentary Disorders
Section 11: Hair, Nails and Mucous Membranes
VOLUME TWO
Section 12
: Infections, Infestations and Bites
Section 13: Disorders Due to Physical Agents
Section 14: Disorders of Langerhans Cells and Macrophages
Section 15: Atrophies and Disorders of Dermal Connective Tissues
Section 16: Disorders of Subcutaneous Fat
Section 17: Vascular Disorders
Section 18: Neoplasms of the Skin
Section 19: Medical Therapy
Section 20: Physical Treatment Modalities
Section 21: Surgery
Section 22: Cosmetic Surgery
Index

京都大学大学院医学研究科 皮膚生命科学講座 教授 宮地 良樹

本書は米国の皮膚科レジデントの定本となっているBolognia's Dermatologyの第3版です.初版から約10年を経て,本書はますます成熟度を増し,「教科書は実地に役立つ簡潔な内容であるべきだ」という編集指針がより明確になった気がします.いま欧米のレジデントがどのような皮膚科教科書を愛用しているか,というある調査では約50%のレジデントがBolognia's Dermatologyを挙げており,かつての定本であったFitzpatrick(26%)や Andrews(17%)を大きく引き離しています.その理由を考えてみると,本書がかなり詳しく記載されているのにもかかわらず読みやすく,きれいな図表が多用され,肩が凝らずに通読できることがまず挙げられると思います.日本の皮膚科研修医はすでにこのような重厚な教科書を読破することが少なくなりましたが,私たちが若い頃にFitzpatrickやLeverを読みあさったように一度はこのような皮膚科のオーソドックスな教科書で「知の技法」を学んでほしいと思います.その際にBolognia's Dermatologyを勧める理由はその斬新かつビジュアルな本書の構成にあります.冒頭のKey featuresに数行で簡潔にエッセンスがまとめられ,対比されている臨床写真と病理写真,診断と治療のアルゴリズムのスキームに眼を通すだけでも疾患の全体像を十分把握できると思います.その意味では非専門医の卓上のquick referenceともなり得ますが,本文を読むとさらに最新の研究成果などを背景に臨床に役立つ知識がちりばめられており,思わず惹き込まれてしまいます.それは本書の根底に「皮膚科診療へのlogicalなアプローチ」のコンセプトが貫徹されているからだと思います.Bolognia教授は私も個人的によく存じ上げている同世代の女性皮膚科医ですが,「教科書は網羅的に記載されても労多くして得るところが少ない.教科書は改訂ごとに眼を通せるようなコンパクトな内容であるべきだ」という哲学をお持ちです.もう一つの本書の特徴は初版出版時に皮膚科レジデントであったSchaffer先生を編者に加えていることです.彼女はレジデントの時に本書のゲラをすべて精読し,レジデントの視点からその構成や内容に意見を進言されたようです.そのため,本書がきわめてアカデミックでありながら実践的な教科書として完成されているのだと思います.とはいえ,2700頁を超える本書はいかにも重く持ち歩くこともできません.しかし,最新のITネットワークのおかげで本書附属のExpert Consultに登録すればウェブアクセスにより,全文閲覧検索や3500枚に及ぶ図版のダウンロードも可能で,さらに次版まで内容のアップデートも定期的になされるというとても有益なサービスが付加されているのも驚きです.
是非,皮膚科専門医になる若い医師に珠玉のBolognia's Dermatologyの魅力に触れてほしいと思います.その分厚さに思わず引いてしまうようなら,まずKey featuresと図表だけの速読をお薦めします.本文の内容は症例に遭遇して必要なときに読むのでも構いません.本書の奥行きと包容力に触発されて,必ずや目の前の患者さんにその知識が有用に還元されると思います.