洋書

Basics of Anesthesia, 7th ed.

著者 : M.C.Pardo,Jr. & R.D.Miller
出版社 : SAUNDERS
ISBN : 978-0-323-40115-9
ページ数 : 914pp.(300illus.)
出版年 : 2018年

在庫あり

定価14,914円(本体13,810円 + 税)

  • E-Book
  • 商品説明
  • 主要目次
  • 書評


お得な特別価格にて好評発売中!


初回入荷分に限り,特別価格にてご提供いたします.

通常価格:16,578円(税込)
↓↓
初回入荷分限定特別価格:14,914円(税込)


麻酔科学の権威Manuel Pardo博士とRonald Miller博士率いる,世界各国80名の麻酔エキスパートの知見をまとめた信頼の1冊. わかりやすいフォーマットで,病態生理学,薬理学,局所麻酔などの基礎科学と重要な臨床知見を確実に網羅している. 多数の高画質画像を駆使し,局所麻酔の細部までを視覚的に理解できるよう工夫がなされている. 今改訂では新チャプターとして麻酔の神経毒性,緩和ケア,精神的外傷などを追加した.

Section 1. Introduction
Section 2. Pharmacology and Physiology
Section 3. Preoperative Preparation and Intraoperative Management
Section 4. Special Anesthetic Considerations
Section 5. The Recovery Period
Section 6. Consultant Anesthetic Practice
Appendices

Basics of Anesthesiaの第7版が、M. C. Pardo Jr.博士とR.D. Miller博士の監修で出版された。University of California, San Francisco (UCSF)の麻酔科主任教授Michael A. Gropperは、 “本書の初版が自分にとって最初の麻酔科のTextbook:教科書であった”と、「はしがき」に書いている。

国内では、文科省の検定制度に則って認定を受けて小中高等学校で用いられている本が、いわゆる教科書と言われるものであるが、検定制度がない麻酔科医にとってはどんな本を教科書と言うのであろうか。麻酔科学の守備範囲を網羅していること、初心者でも読みやすく理解しやすく記述されていること、しかし一方で最新の情報や高度の内容にも触れられていること、麻酔学の基礎的理論と展開が簡潔に記述され考え方に偏りがなく、根拠に基づいた論理展開や資料が提供されていることなどが条件かと思われる。しかし自らを振返ってみると、現在の麻酔科医としての麻酔学の基礎知識は、初期に読んだいわゆる教科書から得た知識に基づいている。教科書は自分の麻酔学のよりどころであり、宝物ともなる本である。教科書はこのような要求に答えられる本であることが、最も大切な条件かと思う。Gropper博士にとって本書の初版はこれらを満足していたものと思われるし、第7版もそれを受け継いでいる。

2011年に出版された第6版に比べて、Anesthetic Neurotoxicity、Palliative Care、Sleep Medicine and Anesthesia、New Models of Anesthesia Care: Perioperative Medicine, the Perioperative Surgical Home, and Population Health.の4つの新しい章が加えられている。また、多彩で優れた多くの著者によって書かれており、麻酔学の基本的事項が簡潔にまとめられていて理解しやすくなっている。さらに、新しく30名の著者を加え、全体的にupdateされ、最新の情報も盛り込まれている。Questions of the Dayが各章に設けられており、勉強した章の内容を反芻しやすいようにもなっている。

本書の特徴の一つに、Expert Consult™ というeBookサービスが付いている。本にスクラッチ印刷されているコードを入力することで、PCやiPadなどデジタル端末から、全ての本文と図表、参考文献を閲覧・検索することが可能で、分かりやすい画像が、しかもきれいに見られるのがうれしい。また、分厚い本を持ち歩かなくて済むのもありがたい。さらに、Miller's Anesthesia, Smith's Anesthesia for Infants and Children, Stoelting's Anesthesia and Co-Existing Disease などの教科書と合わせて、「My Library」を作ることもできるなど、近年のデジタル化にも対応が出来ている。

『麻酔科学の教科書』である本書が、麻酔科医としてのキャリアの中での宝となることを願っている。

評者●慶應義塾大学名誉教授 武田純三

この商品を購入した方におすすめ

Stoelting's Anesthesia & Co-Existing Disease, 7th ed.
Stoelting's Anesthesia & Co-Existing Disease, 7th ed.
詳しく見る
Clinical Anesthesia, 8th ed.
Clinical Anesthesia, 8th ed.
詳しく見る
Anesthesiology, 3rd ed.
Anesthesiology, 3rd ed.
詳しく見る
Hadzic's Textbook of Regional Anesthesia & Acute PainManagement
Hadzic's Textbook of Regional Anesthesia & Acute Pain
Management
詳しく見る
Brown's Atlas of Regional Anesthesia, 5th ed.
Brown's Atlas of Regional Anesthesia, 5th ed.
詳しく見る
Brown's Regional Anesthesia Review
Brown's Regional Anesthesia Review
詳しく見る
Oxford Handbook of Anaesthesia, 4th ed.
Oxford Handbook of Anaesthesia, 4th ed.
詳しく見る
Pocket Anesthesia, 3rd ed.,Binder
Pocket Anesthesia, 3rd ed.,Binder
詳しく見る
Essence of Anesthesia Practice, 4th ed.
Essence of Anesthesia Practice, 4th ed.
詳しく見る
Smith's Anesthesia for Infants & Children, 9th ed.
Smith's Anesthesia for Infants & Children, 9th ed.
詳しく見る
Miller's Anesthesia, 8th ed., in 2 vols.
Miller's Anesthesia, 8th ed., in 2 vols.
詳しく見る

関連洋雑誌

Anesthesia & Analgesia
Anesthesia & Analgesia
詳しく見る
Anesthesiology
Anesthesiology
詳しく見る
Bja: British Journal of Anaesthesia
Bja: British Journal of Anaesthesia
詳しく見る
Clinical Journal of Pain
Clinical Journal of Pain
詳しく見る
Journal of Palliative Medicine
Journal of Palliative Medicine
詳しく見る