洋書

<ウィリアムズ産科学,第24版>

Williams Obstetrics, 24th ed.

著者 : F.G.Cunningham, K.J.Leveno, S.L.Bloom, et al.
出版社 : MCGRAW-HILL COMPANIES
ISBN : 978-0-07-179893-8
ページ数 : 1358pp.
出版年 : 2014年

在庫あり

定価34,214円(本体31,680円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次

一世紀以上にわたり世界で読み継がれてきた産科学のトップ・リファレンスが最新の診療に即した内容で改訂

本書は産科学分野においてもっとも詳しく,包括的な,権威あるリファレンス書である.世界的に名だたるParkland Hospitalの執筆チームによる傑作として,その網羅性,科学的基盤,および産科の臨床現場での実用的適用性を特色とする.今版においても,科学的根拠に基づく基礎情報,そしてエビデンスに基づく産科診療に重点を置いている点で伝統を踏襲.さらに,3,000を超える新たな引用文献と,もっとも信頼されている専門機関と学術機関が提供するガイドラインを追加して刊行にいたった.
第24版の最大の特色のひとつは,患者としての胎児に着目し,胎児の診断と治療について幅広く解説している点である.また,一般的な胎児異常の超音波画像とMRI画像を新たに100枚以上掲載.本文を再構成することにより,妊娠に合併する可能性のある多種多様な疾患について効率的に焦点を当てている.
本書は,多忙な実地医家にとっても使い勝手がよい,臨床で使用できる価値あるテキストである.妊娠転帰を改善するエビデンスに基づいた管理法に影響する重要な新データをまとめている.これらデータの多くは,便宜上,新たに作成した表や診断・治療の手順に抜粋して組み込まれた.解説には多数の文献が引用されており,エビデンスに基づく患者管理の選択肢が示されている.さらに,新たに画像が追加,修正され,第24版では900枚近くの画像(超音波診断画像,MRI画像,写真,図表,グラフなど)で本文を補完している.他に類をみない信頼性と高い質でもって,産科診療において臨床医に必要なすべての知識を提供し続ける書籍である.


Table of Contents
Section 1: Overview of Obstetrics
Section 2: Maternal Anatomy and Physiology
Section 3: Placentation, Embryogenesis, and Fetal Development
Section 4: Preconceptional and Prenatal Care
Section 5: Foetus as a Patient
Section 6: Early Pregnancy Complications
Section 7: Labor
Section 8: Delivery
Section 9: The Newborn Infant
Section 10: The Puerperium
Section 11: Obstetrical Complications
Section 12: Medical and Surgical Complications

この商品を購入した方におすすめ

Te Linde's Operative Gynecology, 11th ed.
Te Linde's Operative Gynecology, 11th ed.
詳しく見る
Johns Hopkins Manual of Gynecology & Obstetrics,5th ed.
Johns Hopkins Manual of Gynecology & Obstetrics,
5th ed.
詳しく見る