雑誌

がん看護≪隔月刊≫

レスキュー・ドーズから読み解く疼痛マネジメント(Vol.16 No.7)2011年11-12月号

患者の体験に焦点をあてて

発行年月 : 2011年11月
判型 : A4変
ページ数 : 96

在庫僅少

定価1,728円(本体1,600円 + 税)

  • 主要目次

特集にあたって 小笠原利枝
疼痛マネジメントにおけるレスキュー・ドーズ 小笠原利枝
レスキュー・ドーズの使用の実際〜痛みのアセスメントと患者状態の把握〜 森山めぐみ、小山富美子
レスキュー・ドーズと組み合わせて工夫できる看護ケア 山下めぐみ
せん妄、抑うつ、認知症がある患者のレスキュー・ドーズの使い方 久山幸恵
外来化学療法患者におけるレスキュー・ドーズの使い方〜事例を通して〜 中島和子
セルフコントロールと自己効力感 高仲雅子
薬物療法の選択肢が広がった?〜新薬の話題〜 黒田俊也
がん医療における経済面〜患者の相談にどう対応するか〜 樋口由起子

連載
事例から学ぶがん急変対応のプラクティス【4】
 小腸がん〜イレウス後の肺血症性ショック〜 小島朗
がん化学療法におけるナーシング・プロブレム【52】
 抗がん薬の表面汚染から考える外来化学療法室の環境クリーニング 足利幸乃、天野真由美

連載講座●JJCCレクチャー
がん看護のステップアップをめざして〜看護研究論文の読みかた〜【5】
 看護研究を臨床へ生かす(2)
 量的研究の生かしかた 山手美和

海外がん看護事情
【英国サウスウェールズの緩和ケアシステム(2)】
 大学と臨床とで協働し,看護師の主体的な学習を支援する継続教育 長江弘子、櫻井智穂子

REPORT
第9回アジア太平洋ホスピスカンファレンス(APHC)に参加して
 Palliative Care in Mainstream Medicine 大友絵利香、岸野恵、荒尾晴惠

こちらがん電話相談室
 がんを発病して5年が経過した私を襲う孤独感と疎外感! 平野友子

第16巻総目次/執筆者索引
INFORMATION
投稿規定/次号予告・バックナンバーのご案内