書籍

消化器内視鏡ゴールデンハンドブック

責任編集 : 三木一正
編集 : 多田正大/一瀬雅夫/吉原正治/五十嵐良典/笹島雅彦/矢作直久
ISBN : 978-4-524-24089-0
発行年月 : 2007年4月
判型 : 新書
ページ数 : 246

在庫なし

定価3,780円(本体3,500円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

内視鏡医が検査内容や治療で得た情報を依頼医や病理医に正確に・即座にレポートするために……。確認したいことがすぐに調べられるハンドブック。疾患の分類は? ガイドラインではどう? 手技で気を付けることは?…… 最新の用語や診断基準など参照・確認したいことがすぐわかる。成書を紐解く余裕がない、気になったことをすぐに確認したい、そんな時に効果的! コンパクトな新書判で提供。

第1章 内視鏡検査・治療を始める前に
 1. 適応と禁忌
 2. 緊急内視鏡の適応
 3. 患者への対応とインフォームドコンセント
 4. 内視鏡機器の消毒・洗浄とメインテナンス

第2章 上部内視鏡検査
 1. 局所解剖
 2. 機器の取り扱いと準備
 3. 前処置
 4. 適応と禁忌
 5. 基本手技
 6. 偶発症と対策
 7. 診断ガイド

第3章 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)
 1. 解剖
 2. 使用機材、処置具、消毒
 3. 前処置
 4. 適応と禁忌
 5. 基本手技
 6. 診断ガイド

第4章 小腸内視鏡検査(ダブルバルーン内視鏡を中心に)
 はじめに
 1. 局所解剖
 2. 機器の取り扱いと準備
 3. 前処置
 4. 適応と禁忌
 5. 基本手技
 6. 偶発症と対策
 7. 診断ガイド

第5章 大腸内視鏡検査
 1. 解剖
 2. 適応と禁忌
 3. 使用機材、処置具
 4. 前処置と前投薬
 5. 基本挿入手技
 6. 観察法と術中管理
 7. 術後管理
 8. 偶発症と対策
 9. 診断ガイド

第6章 超音波内視鏡
 1. 超音波内視鏡に必要な基礎知識
 2. 食道
 3. 胃
 4. 下部
 5. 胆・膵

第7章 治療内視鏡
 1. 食道静脈瘤
 2. 上部腫瘍
 3. 下部腫瘍
 4. 胆・膵
 5. 止血
 6. その他

参考資料
略号一覧
索引

本書は消化器内視鏡診療に従事する医師を対象に、内視鏡診療全般を網羅し、現場で即役に立つ必要かつ十分な情報が掲載され、日本消化器内視鏡学会の提唱する教育項目を満たすようなハンディな書籍となることをめざしました。
 具体的には、
1。白衣のポケットに入るハンディなハンドブックであること。
2。テクニックだけでなく、内視鏡診療に必要な情報が満たされていること。
3。複数の施設から情報を集め、どのような規模の医療機関でも利用できる書簿とする。
4。日本消化器内視鏡学会の標準化された内視鏡教育法に準拠し、教育効果のある教科書であること。
5。依頼医や病理医とのコミュニケーション、受診者からインフォームドコンセントを得るのに必要な、最新の用語や臨床検査値、診断基準、癌取扱い規約などを資料として掲載すること。
6。内視鏡室で汎用される機器の特徴や、処置具の使い方、薬品をわかりやすく掲載し、利用者の便をはかること。
 消化器内視鏡診療は急速に普及し、多くの医療施設で実施されるようになりましたが、施設のレベル、術者の技術や知識には、まだ差があるのが現状です。
 多くの消化器内視鏡医に愛用され、消化器内視鏡診療の更なる普遍化につながることを願っています。私自身も編集校正作業を通して、多くの再確認ができたことを附記しておきます。
 本書は東京大学、虎の門病院、和歌山県立医科大学、多田消化器クリニック、広島大学、東邦大学、およびそれぞれの関連施設の消化器内視鏡医有志の協力でできあがりました。
2007年4月
三木一正
(一部改変)