書籍

フレッシュナース必携臨床看護実践マニュアル 内科編改訂第2版

編集 : 井部俊子/佐藤エキ子
ISBN : 978-4-524-24007-4
発行年月 : 2006年3月
判型 : B6
ページ数 : 652

在庫なし

定価4,968円(本体4,600円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

看護の視点から、疾患や症候のみかた、とるべきアクションを要領よく解説。癌・終末期患者のケア、与薬の知識、看護援助技術のコツ、コミュニケーションスキルなど、臨床看護に必要なその他の課題ももれなくカバー。フレッシュナース、臨地実習生必携の心強いマニュアル。初版以来7年間の最新知見をとりいれ、全面的に改訂。2色刷。

看護の視点に立った疾患のみかた
 呼吸器疾患
 循環器疾患
 消化器疾患
 内分泌・代謝疾患
 腎・泌尿器疾患
 血液・造血器疾患
 膠原病
 脳神経疾患

看護の視点に立った症状のみかた
 訴えからたどる患者の問題
 症状からとるべきナースの行動

悪性疾患とともに生きる患者へのケア

患者と自分を守るための与薬知識

先輩ナースに見習う看護のこつ

コミュニケーションスキル

付録

1998年に『フレッシュナース必携臨床看護実践マニュアル・内科編』を刊行してから約7年が経過しました。この間、多くのフレッシュナースたちや看護学生の皆さまが手にとってくださり、臨床実践の知恵袋として活用していただきました。
 このたび、第1版以降の新たな知見をふまえて、知識・技術を最新のものにし、再び皆さまにお届けしたいと思います。
 本書の構成は第1版を踏襲していますが、よりいっそうの読みやすさ使いやすさを考えて見直しをいたしました。さらに下記の項目を追加しています。
・内分泌・代謝疾患:「糖尿病」の項で、「皮膚感染症」「歯周病」「フットケア」「シックデイ・ルール」
・血液・造血器、免疫疾患:「鉄欠乏性貧血」「骨髄異形成症候群」
・脳神経疾患:「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」「重症筋無力症(MG)」
・訴えからたどる患者の問題:「呼吸困難」
・症状からとるべきナースの行動:「下血」
・悪性疾患とともに生きる患者へのケア:「悪性疾患患者の精神面のケア」
・患者と自分を守るための与薬知識:「ナースによる静脈注射」「毒薬、向精神薬の管理・取扱い」「輸液ポンプ・シリンジポンプ使用時の注意事項」
・先輩ナースに見習う看護のこつ:「脳血管障害などによる麻痺や嚥下障害などのある患者の食事介助」「人工呼吸器装着患者の看護」
 また付録において、「救急薬品一覧」の内容を更新・充実させるとともに、新たに「配合禁忌一覧」を追加しました。
 第1版と同様にフレッシュナースの力強いサポーターとなってくれることを願い、第2版を送りだします。皆様のご意見やご感想をお寄せください。
2006年1月
執筆者を代表して
井部俊子・佐藤エキ子
(一部改変)