洋書

< 看護ケアプラン,第6版 >

Nursing Care Plans, 6th ed.

- Transitional Patient & Family Centered Care

著者 : L.J.Carpenito
出版社 : LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
ISBN : 978-1-4511-8787-8
ページ数 : 933pp.
出版年 : 2014年

在庫なし

定価9,774円(本体9,050円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明

本書の特色

看護ケアプランを作成し,ケアを効果的に記述し,コースで好成績を修める方法を学べるテキスト,改訂第6版.臨床に備える実践的なツールを多数取り入れた,わかりやすく実践に裏打ちされた内容となっており,もっとも重要な看護計画に焦点を合わせ,重要でない情報に惑わされることなく確実に必要な知識を習得し必要な情報を容易に見出すことができる.

・第1章では,アイコンの使い方を含むこのテキストの使い方をステップ・バイ・ステップでガイドし,読者の学習時間を最大限活用できるようにする.
・リスクの重大性を示す1から5の尺度を採用し推奨される行動を取り入れた“Safety and Quality”アイコンによって,看護ケアプランを作成する際に覚えておくべきさまざまな留意事項を学ぶ.
・臨床の専門家が新たに開発した実践に忠実なより短い介入で,重要情報の記憶を向上させる.
・85以上の看護ケアプランのサンプルでは,理論を実践に移す方法を見ることができる.
・母性,小児,およびメンタルヘルスの新たなケアプランによって知識を拡充する.
・エビデンスに基づく新たな理論とガイドラインを通して,エビセンスに基づく実践の重要性を知る.
・“Laminated Quick Reference Information Card”を用いて,毎日遭遇する困難や特別なリスクの情報にいつでもどこでもアクセスできる.
・本書専用ウェブサイト“thePoint”の“Care plan Creator”では,自分のケアプランを容易に作成できる.
・背景,診断クラスター,退院の基準,共同問題を取り入れた“Chapter Openers”で各章の内容を習得する.
・各章で共同問題と看護診断を分割し,健康状態,外科的治療法,診断法と治療法によってケアプランを分類するわかりやすい構成のため,必要な情報を素早く見出すことができる.
・NIC(看護介入分類)とNOC(看護成果分類)を介入の前に引用し,著者の有用な注釈で一連のケアの実施方法をアドバイスすることによって,効果的な看護実践に備える.

各ケアプランにおける医師が処方した介入と関連する記述によって,ベストプラクティスを学ぶことができる内容となっている.


Table of Contents
UNIT 1: Introduction to Patient Family Centered Care

Section 1 Achieving quality outcomes and preventing adverse events
Section 2 Strategies to Enhance Effective Transition
Section 3 Planning and Providing Care
UNIT 2: Manual of Nursing Diagnoses
Section 1 Individual Nursing Diagnoses
Section 2 Individual Collaborative Problems
UNIT 3: Patient and Family Centered Care Plans
Section 1 Medical Conditions
Section 2 Surgical Procedures
Section 3 Diagnostic and Therapeutic Procedures
Section 4 Specialty Diagnostic Clusters
References/Bibliography
Appendices
Nursing Diagnosis Index
Collaborative Problems Index
General Index