洋書

< 実践外科神経病理学 >

Practical Surgical Neuropathology with Expert Consult

- A Diagnostic Approach

(Pattern Recognition Series)

著者 : A.Perry & D.J.Brat
出版社 : CHURCHILL LIVINGSTONE (UK)
ISBN : 978-0-443-06982-6
ページ数 : 620pp.
出版年 : 2010年

在庫なし

定価51,667円(本体47,840円 + 税)

  • オンライン
  • 商品説明
  • 書評

本書の特色

よくある疾患からまれな疾患までを,多数の病理写真によって的確な診断に導くパターン認識・病理学シリーズの1冊目,神経病理学編である.各巻は科目別あるいは部位別になっており,組織病理像のパターン分類を軸に要領よくまとめ上げられている.国際的な著名専門家を集め,信頼度の高い最新の知見が提供されている.また,目的とする箇所に容易に到達するような編集上の工夫も凝らされ,読者の便を図っている.Expert Consultが付属し,Web上で全文閲覧検索や1400以上の本書掲載図譜のダウンロードなど利用価値も高い.


Table of Contents
1.Neuropathology Patterns and Introduction
2.Normal Brain Histopathology
3.Intraoperative Consultation and Optimal Processing
4.Neuroradiology: The Surrogate of Gross Neuropathology
5.Astrocytic and Oligodendroglial Tumors
6.Ependymomas and Choroid Plexus
7.Neuronal and Glioneuronal Neoplasms
8.Pineal Parenchymal Tumors
9.Embryonal(Primitive)Neoplasms of the Central Nervous System
10.Meningiomas
11.Mesenchymal Tumors of the Central Nervous System
12.Peripheral Nerve Sheath Tumors
13.Epithelial, Neuroendocrine, and Metastatic Lesions
14.Lymphomas and Histiocytic Tumors
15.Germ Cell Tumors
16.Melanocytic Neoplasms of the Central Nervous System
17.Other Glial Neoplasms
18.Pathology of the Pituitary and Sellar Region
19.Therapy-Associated Neuropathology
20.Familial Tumor Syndromes
21.Infections and Inflammatory Disorders
22.White Matter and Myelin Disorders
23.Pathology of Epilepsy
24.Vascular and Ischemic Disorders
25.Biopsy Pathology of Neurodegenerative Disorders in Adults
Index

名古屋大学医学部・大学院医学系研究科
附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター
病理病態学教室 教授 高橋 雅英

Pattern Recognition Seriesの病理学教科書の1つとしてPractical Surgical Neuropathologyが刊行された.この教科書の特徴はそのシリーズの名前のとおり,パターン分類による神経疾患の病理像の特徴とそれに基づく鑑別診断の記載から始まっている点にある.まず最初に神経病理標本を弱拡大で認識できる8つのタイプに分類し(パターン1:Parenchymal infiltrate with hypercellularity, パターン2:solid massなど),鑑別診断すべき疾患をあげ,次のステップとしてより強拡大で認識できる20のタイプに分類し(Sheets of Epithelioid Cells, Rosette Forming, Myxoid/Mucin-richなど),さらに鑑別診断すべき疾患を提示してある.それに引きつづいて,鑑別に必要な臨床病理学的特徴,免疫組織学的特徴を表としてまとめてあり,実際の日常の外科病理診断に役立つように配慮されている.神経病理でしばしば特徴として使用されるキーワードが最初のパターン分類の項目でわかりやすくまとめられている点も特徴の1つである.病理医のみが気がつくことができる病的所見とまぎらわしい正常神経組織のバリエーションや,検体提出の際や標本作製の過程で生じるアーチファクトについても詳細に記載されている点も他書にない特徴である.まさに“Practical”という教科書のタイトルに相応しい構成になっている.
 各疾患の項目ではMRI画像,剖検脳のマクロ写真,組織像の写真が数多く使用されており,日常診断において中枢神経系の標本を見る機会の少ない病理医にとって多いに助かる教科書である.とくに組織像の写真は大きく,質が極めて高い点に感銘を受ける.MRI画像と病理組織像との関連についても両者の写真を適切に配置することにより詳細に記載されており,脳外科医,神経内科医,小児科医にとっても大変役に立つ教科書である.