雑誌

がん看護≪隔月刊≫

実践 呼吸器症状のケア(Vol.22 No.5)2017年7-8月号

する?しない?現場力アップのために

発行年月 : 2017年7月
判型 : A4変
ページ数 : 94

在庫あり

定価1,728円(本体1,600円 + 税)

  • 主要目次

特集
実践 呼吸器症状のケア〜する?しない?現場力アップのために〜

特集にあたって 田中桂子
なぜ,呼吸器症状のケアが重要なのか? 田中桂子
呼吸器症状を正確に判断できるアセスメントのコツ 角甲純
呼吸器症状の薬物療法up to date 渡邊紘章
<呼吸器症状に対する酸素療法 up to date>
ガイドラインの最新知識 合屋将
在宅酸素使用の実際 倉持雅代
<呼吸器症状緩和のためのナーシングスキル up to date>
身体的サポート:日常生活を支える工夫 井上順一朗
心理的サポート:不安、死の恐怖にある患者と家族を支える心のケア 小林直子
<呼吸器症状をどう緩和する?>
誤嚥性肺炎のリスクのある患者の「飲水経口摂取」を許可するか? 本間英之
ゴロゴロしている患者の「吸引」をする?しない? 奥山慎一郎
終末期の難治性呼吸困難への対応 木村安貴,細矢美紀

●連載
・進行がん患者における意思決定支援とコミュニケーション〜診断から看取りまで〜【3】
 看護師に求められる診断から看取りまで全体プロセスを見通したかかわり:高度看護実践のスキルから学ぶ実践例 岡本有子,福井小紀子
・エビデンスとHBM 〜臨床研究を患者さんの幸せにつなげるために〜【4】
 イレッサをめぐる議論から学ぶべきこと 高野利実
・がん化学療法におけるナーシング・プロブレム【86】
 ONS 42nd Annual Congressのレポート〜がん化学療法に関連したセッションに参加して〜 菅野かおり
・実践例から学ぶ がん薬物療法の曝露対策【新連載】
 局所注入時における曝露対策の工夫 平井和恵
・遺族の声を臨床に生かす 〜J-HOPE3研究(多施設遺族調査)からの学び〜【新連載】
 主研究 青山真帆,羽多野裕,宮下光令
●特別寄稿
 2016年度がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン支援事業 看護国際セミナー報告Oncofertility −がん患者の生殖看護を考える− 高橋奈津子,林直子,池口佳子,川上千春,中山直子,細田志衣
●JJCCレクチャー
・あなたのケアが変わる! 看護臨床研究の活用と取り組み【9】
 看護研究を臨床へ生かす(4) 症例報告や研究結果の生かし方 風間郁子

・アドラー流 ナースのためのワークライフバランス【4】
 「良かれ」は人のためならず?! 宇野さつき
・リレーエッセイ マギーズ東京便り【10】
 マギーズ東京が続いていくために必要な,お金の話 神保康子