雑誌

臨床雑誌外科≪月刊≫

ERAS(Vol.77 No.2)2015年2月号

発行年月 : 2015年2月
判型 : B5
ページ数 : 114

在庫あり

定価2,808円(本体2,600円 + 税)

  • 主要目次

特集 ERAS
巻頭言 特集に寄せて 佐野武
I.総論
 1.ERASとは何か 宮田剛
 2.ERASにおける代謝,栄養管理の考え方 峯真司
 3.ERASにおける麻酔科医の役割 谷口英喜
 4.ERASと周術期チーム医療 白川靖博
II.各論
 1.胸部食道癌手術におけるERAS 佐藤弘
 2.胃癌手術におけるERAS 窪田健
 3.大腸癌手術におけるERAS 志田大
 4.エビデンスに基づいた肝胆膵手術におけるERASプログラム 川井学
 5.血管外科手術におけるERAS 立石渉
 6.産婦人科手術におけるERAS 地主誠

・連載/外科学の古典を読む[第50回]
 胃癌治療の原典−未来を見通したバイブル 比企直樹
・臨床と研究
 非穿孔性虫垂炎に対する細径鉗子を使用した変更型単孔式腹腔鏡下虫垂切除術の検討 渡邉克隆
・臨床経験
 大腸癌肝転移切除の再開腹術において初回手術時の癒着防止材使用が腹腔内癒着に及ぼす影響に関する検討 池永雅一
・症例
 自傷による腹部刺創に対し緊急手術を施行した4例 高尾智也
 プロテインC低下の正常化が確認できた大腸癌術後肺血栓塞栓症の1例 秋山裕人
 多発性小腸gastrointestinal stromal tumorと膀胱癌を合併した神経線維腫症1型の1例 奥出輝夫
 漿膜側脂肪組織の内翻によりMeckel憩室が先進部となって発症した成人腸重積症の腹腔鏡下手術の1例 清水喜徳
 腹腔鏡下手術で治療できた魚骨回腸穿孔による汎発性腹膜炎の1例 川北雄太
 完全型特発性虫垂重積の1例 竹林克士
 結腸憩室炎により膿瘍形成した腸間膜巨大脂肪腫の1例 浦辺雅之
 腹腔内遊離ガス像を伴う子宮留膿腫穿孔により汎発性腹膜炎にいたった1例 毛利俊彦
 メッシュを用いた腹壁瘢痕ヘルニア修復術後の腸管皮膚瘻の1例 明石諭
 腹膜透析関連腹膜炎を契機に発見されたS状結腸癌の1例 木村慎太郎
 大腸癌による閉塞性大腸炎と鑑別が困難であったS状結腸憩室炎の1例 内藤雅康
 魚骨により肛門周囲膿瘍を形成した1例 高久秀哉
 高CA19−9血症を呈した膵内副脾epidermoid cystの1例 中野亮介
◎書評
 産学連携ナビゲーション医学研究者・企業のための特許出願Q&A 伊藤雅昭
 HALS−用手補助腹腔鏡下手術の実際(DVD付) 橋爪誠
◎随録
 真菌症フォーラム第16回学術集会
 第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会(会場ならびに会期変更のお知らせ)