雑誌

臨床雑誌外科≪月刊≫

外科医必読 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)のすべて(Vol.75 No.2)2013年2月号

発行年月 : 2013年2月
判型 : B5
ページ数 : 114

在庫なし

定価2,808円(本体2,600円 + 税)

  • 主要目次

特集 外科医必読 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)のすべて
 1.IPMNをめぐる諸問題─さらなる国際診療ガイドライン改訂に向けて 高折恭一
 2.IPMNの組織亜型(サブタイプ)分類の臨床病理学的意義 福嶋敬宜
 3.IPMN由来浸潤癌、IPMN併存膵癌の定義・頻度・特徴 佐藤典宏
 4.IPMNの最新の画像診断 木亮
 5.IPMNの悪性診断─嚢胞液分析・嚢胞液細胞診 永塩美邦
 6.IPMNに対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検法の現況 糸井隆夫
 7.IPMN癌予測ノモグラムの診断能
  ─最近の分枝型IPMN切除例におけるexternal validity 清水泰博
 8.分枝型IPMNの診療アルゴリズム 青木豪
 9.IPMN長期経過観察例の予後 多田稔
 10.主膵管型IPMNの手術適応と至適術式 渡邊利広
 11.分枝型IPMNに対する術式決定─縮小手術は可能か 鈴木裕

・連載/外科学の古典を読む[第26回]
 Luschka管とは何か─Hubert Luschkaの原典を探る 青木琢
・連載/外科医のためのからだトレーニング─手術で疲れない筋肉づくり[第2回]
 肩甲骨と肩、首のストレッチ 番場嘉子
・臨床と研究
 血栓性外痔核に対する血栓摘出術の適応 小林康雄
・臨床経験
 再発を含めた両鼠径ヘルニアに半吸収性メッシュが有用であった10例 徳永行彦
・症例
 乳輪部に発生したepidermal cystの1例 山口敏之
 胃充実型低分化腺癌との鑑別を要した胃大細胞神経内分泌癌の1例 治田賢
 びまん性胃粘膜下異所腺を伴う胃癌の1例 竹本大樹
 腸閉塞を発症し腹腔鏡下手術が有用であった小腸結核の1例 奥本龍夫
 術前診断が可能であった虫垂憩室炎の1例 田澤賢一
 自然消退後に副腎転移再発した上行結腸悪性リンパ腫の1例 梅岡達生
 特発性大腸穿孔による後腹膜気腫・後腹膜膿瘍に対し
  緊急手術を施行した2例 田中寛
◎書評
 単孔式内視鏡手術─基本テクニックとその応用 坂井義治
◎随録
 第22回日本癌病態治療研究会
 第67回手術手技研究会
 第4回日本プライマリ・ケア連合学会
 真菌症フォーラム第14回学術集会
 第10回日本免疫治療学研究会