雑誌

臨床雑誌内科≪月刊≫

今、認知症にどう向き合うか(Vol.109 No.5)2012年5月号

発行年月 : 2012年5月
判型 : B5
ページ数 : 200

在庫なし

定価2,700円(本体2,500円 + 税)

  • 主要目次

特集 今、認知症にどう向き合うか
Editorial
 認知症診療の新時代を迎えて 荻野美恵子
Special Article
 長寿社会における認知症―認知症の社会的側面 武田雅俊
 アルツハイマー病―薬物治療の今後 田平武
≪認知症の疫学・診断・検査≫
 認知症はどのぐらい増えているのか―認知症の疫学 朝田隆
 どう診断する?―認知症の診断 篠原もえ子
 認知症ガイドライン2010のポイント 中島健二
 画像で認知症の何がわかるのか?―認知症の画像診断 北垣一
≪認知症各論・治療≫
 アルツハイマー病 下濱俊
 Lewy小体型認知症 頼高朝子
 血管性認知症 山崎貴史
 前頭側頭型認知症 市川博雄
 その他の内科的疾患に伴う認知症 武山博文
 その他の変性疾患に伴う認知症および特発性正常圧水頭症 森悦朗
 認知症の非薬物療法 吉井文均
≪認知症の医療連携・介護・制度≫
 地域において認知症にどうやって対処していくか?―認知症の診療連携 神津仁
 認知症と上手く付き合ってゆくにはどうすればよいか?―認知症の受け入れと介護 杉山孝博
 認知症患者の権利をどう守るのか?―認知症の権利擁護 赤沼康弘
 認知症の倫理的問題点 三浦靖彦
≪トピックス≫
 アルツハイマー病の新診断基準とバイオマーカー 徳田隆彦
 アルツハイマー病と脳老化の病理学 村山繁雄
座談会 非専門医がどのように認知症に向き合ったらよいか?
 荻野美恵子(司会)・河村満・三村將・平原佐斗司

・臨床ノート:症例から学ぶピットフォール
 身体所見が教える鑑別診断―採血部位が決め手となる心疾患 猪又孝元
・比較で学ぶ病理診断 ミニマル・エッセンシャル
 第12回 十二指腸の多発ポリープ病変 伴慎一
・診断力をみがく イメージトレーニング
 急性腹症の2例/健診で発見された膵腫瘤性病変 佐渡敬
・診療controversy―medical decision makingのために
 潰瘍性大腸炎のサイトメガロウイルス感染はどこまで治療すべきか
  慎重に治療すべきという立場から 松岡克善
  積極的に治療すべきという立場から 仲瀬裕志
・目でみる症例
 夏型過敏性肺炎 原啓
・View Spot
グローバリゼージョンを考える 大田健
・Research最前線
第33回 日本臨床栄養学会総会 中尾俊之
・PhotoReport
笑い発作を伴った視床下部過誤腫 田口芳治
・症例
 骨髄非破壊的造血幹細胞移植後の再発骨髄性肉腫に対して化学放射線療法とドナーリンパ球輸注が奏効した1例 黒田裕行
 皮膚症状と肺病変を繰り返したSweet症候群の1例 池田三知代
 Sarcoidosis−lymphoma syndromeの1例 内原潤之介
 心肺停止で発見された成人型Bland−White−Garland症候群の1例 不破孝
 十二指腸炎を契機に診断されたChurg−Strauss症候群の1例 綛田真也
【BookReview】
 プロブレム・オリエンテッド神経救急Q&A 桑原聡
 エビデンスで解決!緩和医療ケースファイル 志真泰夫
 臨床消化器内科マニュアル 上西紀夫
 よくわかる肝移植 市田隆文
【Information】
 がん医療マネジメント研究会第10回シンポジウム