書籍

むかしの頭で診ていませんか?呼吸器診療をスッキリまとめました

  • 新刊

編集 : 滝澤始
ISBN : 978-4-524-25114-8
発行年月 : 2017年11月
判型 : A5
ページ数 : 230

在庫あり

定価4,104円(本体3,800円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

(1)従来の考え方から大きく進歩した点、(2)実地医家に関心の高いテーマ、にポイントを絞り簡便にまとめた、「むかしの頭で診ていませんか?」シリーズ第3弾。感染症をはじめ、喘息、COPD、肺炎など一般内科医・プライマリケア医が遭遇する疾患の多い呼吸器領域で、非専門医・初学者向けに、「必要な情報」を「簡単な言葉」でスッキリまとめて提示する。基本事項から日常診療のギモンにまで答え、最新のトピックもこれを読めば押さえられる、読み応え十分の一冊。

1 なぜ咳が出る,なぜ痰が出る:病態から考える治療薬の選択
2 呼吸器診療で役立つ血液および呼気ガス検査
3 かぜと思っても抗菌薬を使うべきときがありますか?
4 外来で診る市中肺炎:どこまで見るべき?
5 肺結核は今どうなっているのでしょう?
6 非結核性抗酸菌症・肺MAC症の最新事情:いつ専門医にコンサルトする?
7 びまん性汎細気管支炎(DPB)は今もあるんですか?
8 マクロライド少量長期療法はどんなときに行う?
9 気管支喘息の吸入薬はいったいどう使い分ければ?
10 COPDの吸入療法はどう選んだら良いですか?
11 咳が長引いたら,どう鑑別して何を使う?:鎮咳薬,気管支拡張薬,吸入ステロイド薬などの使い分け
12 咳の長引く感染症とその対策
13 腫瘍性疾患を疑うときの血液検査(腫瘍マーカー)とその意義
14 介護施設に入所中の方の肺炎の治療と予防法は?
15 進行期肺癌の分子標的薬の進歩:「頑張る」意味があるのか?
16 気管支喘息治療薬を減らしたいときはどの順番で?
17 COPD患者さんの生活指導のコツは?:身体活動性の向上・維持を目指す
18 特発性間質性肺炎(IIPs)に効く薬ができたそうですね
19 続発性気胸を繰り返す患者さんの治療法は?
20 新しい呼吸機能検査IOSはどう使えば良いですか?
21 NPPV患者さんを外来で診るときの注意点
22 喘息と鼻炎や副鼻腔炎の合併は,いつ疑ってどうしたら良いでしょう?
23 肺血栓塞栓症はどうしたら予防できますか?
24 患者さんから「喘息を気管支鏡で治せると聞いたのですが?」と言われたら:気管支温熱療法
25 肺癌検診にエビデンスはあるのか?
26 睡眠時無呼吸症候群はどんなとき疑えば良いですか?
27 抗IgE抗体に加え新しい注射薬が出たそうですが,どんな人に使うのでしょう?
28 COPDはタバコ病といいますが,喫煙者の1割しかならないといいますね
29 関節リウマチの治療経過中に肺陰影が出現したら?
30 舌下免疫療法が保険適用になったそうですね
31 気管支喘息かCOPDかわかりにくいときは?
32 肺炎球菌ワクチンは誰にいつどれを?
33 インフルエンザの治療薬の使い分け
索引

序文

 内科の一般診療における慢性疾患の筆頭が高血圧、脂質異常症とすると、急性疾患で一番多いのはおそらく咳を主訴とする各種の呼吸器疾患かと思われます。季節によってはそれに胃腸疾患が加わるというのが実際ではないでしょうか。ある報告によれば、遷延する咳の初期診療の8割が、また気管支喘息診療の9割が、一般内科医によって行われています。
 どの領域にもいえることですが、医学・医療の世界は日進月歩で、呼吸器領域にも次々とニューウェーブが押し寄せています。それ自体は誠に歓迎されるべきことですが、日々の多忙な診療の傍ら、こうした動きに自らをアップデートさせていくのは容易ではありません。また、最近はインターネット上で勉強したことをかかりつけ医に質問する患者さんもいらっしゃいます。
 本書は呼吸器疾患を網羅するのではなく、実地診療でしばしば疑問に思う事柄やいまどきのトピックスをピックアップして、その道のプロにわかりやすく、できる限り「スッキリ」まとめてもらったものです。テーマのなかには、エビデンスも十分ありガイドラインが整備されているものもある一方、かなり経験的な部分もありますが、あえて最初に結論を述べていただき、続いてその根拠や理由を記述してもらっています。随所にそれぞれの執筆者の経験に基づいたclinical pearls(診療のコツ)がちりばめられていますので、どうかザッと目を通すのではなく、味わいながら、そして気楽にお読みいただければと存じます。
 わが国は世界に先駆けて未曾有の超高齢社会に突入しつつあります。患者さんは、一人の人間をまるごと面倒みてくれる理想の先生を求めています。そんな頼りになる先生は漫画やドラマのなかだけだよ、と思いつつ、自分もそろそろ患者になる身としては、そうなるべく実地に奮闘されている先生方に大いなる敬意とエールを送りたいと存じます。本書がそんな皆さんの一助になれば幸いです。

2017年10月
滝澤始

関連書籍

むかしの頭で診ていませんか?循環器診療をスッキリまとめました
むかしの頭で診ていませんか?循環器診療をスッキリまとめました
詳しく見る
むかしの頭で診ていませんか?血液診療をスッキリまとめました
むかしの頭で診ていませんか?血液診療をスッキリまとめました
詳しく見る