雑誌

臨床雑誌内科≪月刊≫

NAFLD/NASH診療のイノベーション(Vol.121 No.6)2018年6月号

ガイドラインからパイプラインへ

発行年月 : 2018年6月
判型 : B5
ページ数 : 200

在庫あり

定価2,808円(本体2,600円 + 税)

年間購読を申し込む
  • 主要目次

特集
NAFLD/NASH診療のイノベーション−ガイドラインからパイプラインへ

≪特集のねらい≫
 NAFLD/NASH診療の変遷(現在・過去・未来) 角田圭雄
≪Overview≫
 NAFLD/NASHの疫学と概念 高橋宏和・江口有一郎
 NAFLD/NASHにおける肝発がんの実態と予後 徳重克年
 日米欧のガイドライン概説 杉本和史・竹井謙之
≪NAFLD/NASH診断:現在のコンセンサスを知る≫
 ノンアルコールとは〜飲酒量をどう評価する?〜 藤井英樹
 病理診断の変遷と今後の展望 岡上武
 血清学的診断法とスコアリングシステム〜肝生検を陳腐化できるか?〜 鎌田佳宏ほか
 エラストグラフィによる診断イノベーション 今城健人ほか
≪全身疾患とNAFLD/NASH≫
 糖尿病診療におけるNAFLD/NASHのインパクト 神谷英紀・中村二郎
 心血管・動脈硬化性疾患〜肝が心血管を征服する?〜 小関正博
 歯周病/腸内細菌〜NASHは細菌性肝炎?〜 中原隆志・茶山一彰
 消化管疾患〜肝と管の微妙な関係?〜 竹谷祐栄
 潜在する内分泌疾患〜ホルモン補充療法は選択肢となるか?〜 浅野麻衣ほか
 肝外発がん〜他臓器がんを見逃すな!?〜 吉田雄一
≪NAFLD/NASH治療の現状≫
 NAFLD/NASHに対する生活習慣の改善〜ヒトは変われるのか?〜 川口巧ほか
 NAFLD/NASHの薬物治療概論〜5W1Hで考える〜 鈴木康秋
 NAFLD/NASH治療の指標〜マイルストーンは存在するか?〜 川中美和ほか
≪NAFLD/NASH診療の今後の展望≫
 遺伝子多型の測定がNAFLD/NASH診療をどう変えるか? 瀬古裕也ほか
 NAFLD/NASH画像診断のこれから 熊田卓ほか
 SGLT2阻害薬は治療候補となるか? 飛田博史ほか
 GLP-1受容体作動薬は治療候補となるか? 中出幸臣
 NAFLD/NASH治療における減量手術のエビデンスと展望〜外科医の参入はイノベーションとなるか?〜 関洋介ほか
 NASHからの肝発がん予防は可能か? 白上洋平・清水雅仁
 NASH新薬のパイプライン 中島淳
 IoTやAIが変えるNAFLD/NASH診療の未来 小野正文ほか
≪座談会≫
 NAFLD/NASH診療のイノベーションと未来を語る
  角田圭雄(司会)・米田正人・兵庫秀幸・芥田憲夫

[連載]
・呼吸器内科X○○科で語る!Comorbidity患者さんの診かた
 第11回胸部造影CT検査を受けようとした肺がん患者さん 仁多寅彦・孫楽
・教えて!レントゲン胸部単純X線の目付けポイント
 第5回発熱と咳嗽を主訴とした両側肺門リンパ節腫脹 瀧川奈義夫・加藤勝也
・未来は明るい!明日を担う女性医師の活躍
 第5回日本外科学会の取り組み 明石定子・田村宜子
・プライマリーケア医のがんの診かた〜かかりつけ患者さんのがんと共にたたかうために〜
 第2回いま,日本のがん検診はどうなっているのか〜現状とその課題についてその1〜 公平誠

【Book Review】
 チャートでわかる糖尿病治療薬処方のトリセツ−未来を護るベストチョイス! 河盛隆造
 皮膚病理組織診断学入門(改訂第3版) 川島眞
 リアルワールドデータの真っ赤な真実−宝の山か,ごみの山か 小田倉弘典