転載許諾申請

転載許諾申請

「日本消化器病学会診療ガイドライン」からの転載について

日本消化器病学会診療ガイドラインからの転載(Webコンテンツ等の利用も含む)にあたっては、以下の内容を確認の上、弊社宛にご申請ください。申請書はこのページの下にあるリンクからダウンロード(A3見開きで印刷)してください。
日本消化器病学会ガイドブックからの転載につきましても同様に、申請書はこのページの下にあるリンクからダウンロードしてください。
※上記以外の日本消化器病学会編集の書籍からの転載についても,下記の申請書にてご申請願います。

1.許諾の対象

・ステートメント、図、表に限ります。改変は不可です。
・本文の転載も不可です。

2.許諾の条件

(a) 図、表は合計5点まで、ステートメントは全体の1/5までです。
 各ガイドラインの転載可能ステートメント数は以下の通りです。
 ・胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015 改訂第2版:12点まで
 ・胆石症診療ガイドライン2016 改訂第2版:9点まで
 ・クローン病診療ガイドライン:16点まで
 ・肝硬変診療ガイドライン2015 改訂第2版:17点まで
 ・NAFLD/NASH診療ガイドライン2014:13点まで
 ・大腸ポリープ診療ガイドライン2014:18点まで
 ・機能性消化管疾患診療ガイドライン2014−機能性ディスペプシア(FD):13点まで
 ・機能性消化管疾患診療ガイドライン2014−過敏性腸症候群(IBS):12点まで
 ・消化性潰瘍診療ガイドライン2015 改訂第2版:18点まで
 ・慢性膵炎診療ガイドライン2015 改訂第2版:13点まで
 ・炎症性腸疾患(IBD)診療ガイドライン2016:12点まで
(b)ステートメントを転載する場合、推奨グレード(推奨の強さ)の表および各エビデンスレベル(質)の表もセットで転載することが転載の条件となります(推奨グレードの表および各エビデンスレベルの表は図表の総数に加えません)。
(c)転載料が発生する場合は、当社より請求書送付後1ヶ月以内に当社指定の口座に振り込んで下さい。

注意事項

・書籍・雑誌への転載は学術目的に限ります(記事・広告はパンフレット扱いになります)。

・商業目的の転載にあたっては、ガイドラインの内容を歪曲して転載していないか、また一部をことさら強調していないかをご確認の上で申請願います。

・転載箇所が確認できる作製見本や校正刷り等(動画や音声の場合はPCで閲覧できる形式でメディアに入れてください)

「転載許諾のお願い」申請書

書籍・雑誌へ転載する場合の申請書

プレゼンテーション資料へ転載する場合の申請書

パンフレット・小冊子(紙媒体の販促資材等)へ転載する場合の申請書

Webコンテンツへ転載する場合の申請書

ご利用目的が上記4点以外の場合は、こちらまでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

南江堂出版管理部出版管理課 TEL: 03-3811-7545 FAX: 03-3811-7226

メールフォームでのお問い合わせ

下記リンクよりお問い合わせください。

お問い合わせをする