教科書

diFiore人体組織図譜原書第11版

: 相磯貞和
ISBN : 978-4-524-26004-1
発行年月 : 2011年4月
判型 : A4変
ページ数 : 548

在庫あり

定価8,100円(本体7,500円 + 税)

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

美しい組織図で世界的に支持されている組織学の教科書。版を重ねるごとに日本語版は多くの学生に採用されている。今改訂では、組織図の大幅な追加・修正、機能との関連の記述を刷新し、この間の学問領域の進展に対応している。さらに各章末には「まとめ」が新設され学生の理解にも十分に配慮している。前版から150頁増となり、より一層充実した内容となっている。

di fiore's
Atlas of Histology
with functional Correlations
ELEVENTH EDITION
Victor P. Eroschenko

序論

第I部 組織
 第1章 細胞と細胞質
 第2章 上皮組織
  第1項 上皮組織の分類
  第2項 腺組織
 第3章 結合組織
 第4章 軟骨と骨
  第1項 軟骨
  第2項 骨
 第5章 血液
 第6章 筋組織
 第7章 神経組織
  第1項 中枢神経系:脳と脊髄
  第2項 末梢神経系

第II部 器官
 第8章 循環器系
 第9章 リンパ系
 第10章 外皮組織
 第11章 消化器系:口腔と唾液腺
 第12章 消化器系:食道と胃
 第13章 消化器系:小腸と大腸
 第14章 消化器系:肝臓、胆嚢、膵臓
 第15章 呼吸器系
 第16章 泌尿器系
 第17章 内分泌系
  第1項 内分泌系とホルモン
  第2項 甲状腺、上皮小体、副腎
 第18章 男性生殖器系
  第1項 生殖器系
  第2項 付属生殖腺
 第19章 女性生殖器系
  第1項 女性生殖器系の概論
  第2項 子宮頸部、膣、胎盤、乳腺
 第20章 特殊感覚器系

和文索引
欧文索引

『diFiore人体組織図譜』は、本書の優れた特徴である図・写真とそれについての簡潔かつ明瞭な解説により、これまで我が国において組織学を学ぶ学生たちに広く受け入れられてきました。本書の図は、実際の組織写真では得られない人体組織の理想的な形態を描き表したものであり、これによって読者は組織の特徴をすべて備えた状況を画像として把握することが出来、さらに、その組織の顕微鏡写真が示されていることによって、実際に見られる組織の状態を図と比較することが可能となっております。このように、本書は手で描かれた組織図譜と組織の顕微鏡写真を集めた組織図譜の両面の性格を兼ね備えている点で、類書にないユニークな特徴を持っていると言えます。更に図・写真に対応して述べられている説明は、組織の形態の特徴のみならず、その機能に言及しており、これを読むことによって、形態と機能の両面を念頭に組織を観察する作業を進めることが出来るようになっております。
 人体の正常組織に対する理解は、病的状態での組織所見の把握の基本であり、医学医療を志す者にとって必須ですが、本書はその理解が容易となるように、章の構成からその内容まで、版を重ねながら様々な工夫を積み上げて来ております。数多く類書のある我が国において本書が学生の方々に広く使われてきたのは、このような本書の特徴によるものですが、特に、これまでの版で翻訳を担当された藤田恒夫先生のお力によるところが極めて大きいことを申し添えます。藤田先生のご著書から多くのことを学ばせていただいた訳者は、今般本書の翻訳を藤田先生から引き継ぐ機会を得ましたことを光栄に存じておりますが、訳者の交代によってこれまでの本書の果たして来た役割の大きさが失われることなく、引き続き組織学を学ぼうとされる方々への信頼できるパートナーとなることを願っております。
2011年3月
相磯貞和