教科書

柔道整復

生理学改訂第3版

監修 : (社)全国柔道整復学校協会
: 根来英雄/貴邑冨久子
ISBN : 978-4-524-24086-9
発行年月 : 2006年4月
判型 : B5
ページ数 : 354

在庫あり

定価7,128円(本体6,600円 + 税)

正誤表

  • 商品説明
  • 主要目次
  • 序文

柔道整復師にとって必要な生理学の知識を、理解を助ける豊富な図表を多用し、わかりやすく解説したテキスト。柔道整復師にとって必須である神経、筋の項目は十分に解説。今改訂では、生理学の基礎となる生物学などの知識の解説を加え、2色刷とするなど紙面構成にも工夫を加えた。国家試験出題基準に準拠し、知識のポイントがわかりやすく整理されている

1. 生理学の基礎
2. 血液の生理学
3. 循環の生理学
4. 呼吸の生理学
5. 消化と吸収
6. 栄養と代謝
7. 体温とその調節
8. 尿の生成と排泄
9. 内分泌系の機能
10. 生殖
11. 骨の生理学
12. 体液の生理学
13. 神経の基本的機能
14. 神経系の機能
15. 筋肉の機能
16. 感覚の生理学

全国の柔道整復学校で教科書として使われている「生理学」が、全国柔道整復学校協会教科書委員会と著者らによって初めて改訂されてからはや8年となる。今回、柔道整復学校の現場でこの教科書を使って生理学の教育を担当しておられる先生方から提出していただいた改訂意見を教科書委員会が検討、集約され、その資料をもとに著者らが大幅な改訂を試みることとなった。前回の改訂の際も教育現場の先生方のご意見を参考にさせていただいたが、前回は個別意見の提示であったため、多数意見なのか少数意見なのかがわからず、ときには相矛盾するご意見もあって採否に迷った。しかし、今回は、教科書委員会で意見の重み付けをされたお蔭で、現場の先生方の意見を思い切って取り入れ、改訂に取り組むことができたと思っている。
 今回改訂された主な点をあげると、(1)各章を通じて、文章と図表の増補、訂正、あるいは削除を行った。(2)読者が理解しやすいように一部、章の配置の変更を行った。(3)最近の高校のカリキュラムでは、生理学の理解に必要な化学の基礎が必ずしも教えられていないことに鑑み、これを1章に加えることとした。以上はいずれも現場の先生方、および教科書委員会からのご意見によったものである。その他、(4)見出しを増やし、読者の便宜を図った。(5)生理学でよく使われる単位の解説を付録として記載した。(6)学校協会と出版社と話し合いの結果、他の統一教科書と同様、今般の改訂から2色刷とした。
 柔道整復学校のように協会のガイドラインに準拠した統一された教科書が使われることは教育水準の維持や国家試験問題作成の具体的な拠り所になる資料として有効な手段と考えられるが、一方、この制度が有効に運営されるためには、教科書は、これを使って教育をされる先生方、および、学習される学生の方々から評価を受け、改善されていくことが必須の条件となろう。その意味で、今回、学校協会教科書委員会が適切な指導性を発揮され、教育現場から出された意見を集約する具体的方法を打ち出されたことは教育現場の先生方と著者ら並びに出版社のスタッフが一体となって行う教科書作りに画期的な道筋をつけられたものと思う。今後、さらに、学生の希望も取込むことにより、よりよい教科書作りが進むことを期待したい。
2006年2月
著者ら記す
(一部改変)